バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)



どんよりした空もわりと好きな俺様(笑)。カットしてスッキリ♪。今宵はクラスがお休みなので、肉(^_−)−☆。

身体への理解が深まって各パーツの微調整をしている。ところがスパーリングではやたら力がいるようになっていた。ベースやフレームもわずかな身体操作の違いで随分効果も異なるようだ。今日は肩の位置をほんのわずかに変えたのだが、以前の感覚に戻った。要研究。



「変化を恐れているのかな」(by平井伯昌)

「百獣の王」こと武井壮の各界のトップアスリートとのインタビュー集。冒頭は世界記録や日本記録を更新し続ける水泳界の平井コーチが、停滞気味の陸上界をどう思うかとの問いに応えたもの。

「基本的には練習から速く泳がないと強くならないんですよ。だけど、強度の高いトレーニングをさせるためには、それよりも低い強度でたくさんやることも、準備としては必要だったりするんです」(by同)

武井壮も元十種競技の日本記録保持者だけに読み応えある内容となっている。



「大国は小国に勝てない」

大国が小国を攻めると畏怖した周辺国が敵に回ってしまう。いままさに中国がその罠に陥っているのではないか。強行な姿勢が敵を増やしている。

「シーパワー」と「海洋パワー」の切り口も興味深い。単純な戦力の「シーパワー」に対し、他国との関係による総合力の「海洋パワー」。「シーパワー」を突出するほど、他国は反発し「海洋パワー」は落ちる。

これらは戦略として勉強になった。

エドワード ルトワック
2016-03-18


このページのトップヘ