バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 柔術・武術・格闘技

IMG_0829
昨日は掛け試し稽古会でお世話になっている大河内先生の日本空手道誠優会のあま市にある新道場のオープンにおじゃましてきました。


入り口では道場生のみなさまがお出迎え、中に入るとすでに多くの先生方がいらっしゃってご挨拶。設備を拝見させていただきました。


IMG_0832
IMG_0831
IMG_0834
黄色いマットスペース、正面には誠優会の旗。右手にはウエイト器具、そしてユーティリティにはダーツ(笑)。


たくさんの汗、たくさんの涙、そしてたくさんの笑顔が伝わってきそうです。ここからたくさんの空手家が育っていくのでしょうね。


会がはじまると大河内先生はじめ、各先生方のご挨拶。道場開設に至る経緯や想いなどを伺うことができました。


その後、宴となり車で来訪の多くの先生方には恐縮ながら私だけちゃっかりオンアルコールビール(笑)。食事もご相伴に預かりました。


IMG_0845
さて、宴もたけなわとなったところで、掛け試し稽古会高久先生考案の防具による組手のご披露となりました。大河内先生の手合わせにご列席の先生方と熱い声援を送りました。



まさに「誠」の「優しさ」に包まれた道場開きでした。


IMG_0871
FullSizeRender
道場開きにお招きいただき、大河内先生をはじめ、道場生のみなさん、そしてご列席の先生方、誠にありがとうございました。日本空手道誠優会、並びにみなさまの益々のご発展とご健勝を祈念いたします。

FullSizeRender


PS.帰路、水野先生に車で送っていただきました。助かりました。ありがとうございます。

IMG_0853


「なぜ力の使い過ぎはダメなのか??」


グレイシーバッハ 徳島 公式サイト

http://graciebarratokushima.jp/you-are-using-too-much-strength/


とても良い内容です。私もこの考えです。もちろん、試合は制限時間もポイント判定もありますから、パワー、スピードなどすべて使った総合力勝負になります。

一方で柔術は「弱い者のためにこそある」(byヒクソン・グレイシー)ですから、なるべくテクニックで解決する方向に進むべきですね。




バルボーザ勝った!!!


バルボーザ76kg。メガトン73kg。

バルボーザのセコンドにはジエゴ。

試合開始。

メガトンは引き込まず立ち技の展開。

序盤1、2分は組み手に手こずるも徐々にバルボーザが組み勝っていく。

バルボーザは二度の左背負い、そして体落とし。メガトンの内股を透かして倒すが惜しくも場外。

しばらく立ちの展開。組み負けのメガトンは押し込まれてファール二つ。バルボーザに2ポイント。

8分頃、メガトン飛びつきクロスからグランドの展開。そのまま終了。


ポイント2-0でバルボーザ勝利。


試合は終始、バルボーザペース。バルボーザに危ないシーンはなかった。バルボーザは古傷で立ち技のキレは失われている。それがなければ、何度もビジャ投げしてたと思う。

バルボーザ強し!!!

真っ向勝負のメガトンも見事!!!


手に汗握る10分間。バルボーザ、そしてメガトン、ありがとう^ ^♪



FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_0827
IMG_0870
IMG_0868
IMG_0867
IMG_0869

PS.ちなみに以下は戦前の予想。

さて、バルボーザ、メガトン戦。


俺様の予想はもちろんバルボーザだ!


さすがのメガトンも柔道元ブラジル代表バルボーザをテイクダウンすることはできない。メガトンが引き込む展開。そこをバルボーザがパスするか、パスのアドバンテージで勝利と予想する。


バルボーザがトップの展開ならバルボーザ勝利は間違いない。もし、バルボーザがボトムになる展開だとヤバイかも。


契約体重は76kg。現役時フェザー級だったバルボーザはナチュラルで80kg以上。メガトンはおそらくナチュラルで72kgもないと思う。体重差もバルボーザ有利に働く。


「もう試合はやらない」と公言していたバルボーザの試合観られるのは嬉しいかぎり。約10年ぶりだろうか。

一方、メガトンはほぼ毎月1、2大会をコンスタントにこなしている。


このブランクの差がどうなるのかも興味深い。


ちなみにメガトンの当初の対戦相手が中井先生だったのも俺様的にはそそられるサイドストーリーだ。


刮目して声援を送ろう^ ^


↑などと書いていたら、大会が24日ではなく23日のその最中だったことに気づく。大慌てでペイパービューを申し込むがなかなか上手く接続できずにイライラ。ようやく繋がった時にバルボーザの試合がちょうど始まった。なんか私も持ってるなーと思ったのだ(笑)。


FullSizeRender

日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)全日本マスターズ。

明日はNBJCから永嶋さん、ナゴヤファイトクラブからは宇佐見さんが出場。


FullSizeRender
永嶋さんのカテゴリーには昨年のJBJJFランキング王者井田さんが待ち受ける。


FullSizeRender
宇佐見さんはリベンジマッチの模様。


PS.二人共一回戦惜敗の模様。残念。捲土重来を期します。まずはお疲れ様でした^ ^。


FullSizeRender
エディー・ブラボー、グレイシーバッハの黒帯の教則V。
ハーフガードのいわゆる二重絡み。エディ・ブラボーがロックダウンと呼ぶシステム。
エディ・ブラボー登場時にはセンセーショナルで、教則本もいくつか出ているので、わりと知られた技術。
あらためてVで見ると脚を組み替え方など勉強になった。エディー・ブラボーの指導員だったこともあり、解説も上手いと思う。




IMG_0358

さて明日はいよいよ岩崎正寛名古屋セミナー!


内容は岩崎選手の得意技「ハーフガード」。


受講料は日本人過去最高値。高い受講料はこちらからお願いした。それで受講者が満足いく内容を提供してほしいと。インストラクターへの要望、いわばプレッシャーをかけた形。岩崎選手はそれに応えてくれた。


受講料をご負担いただいた方にはしっかり学んでいただけるよう定員を12名とした。ハッキリ言って私も赤字だが、柔術の未来を見据え、絶対やってみたいスタイル。


さあ、インストラクター、受講者共にチャレンジングなセミナー!!!


明日をお楽しみに^ ^♪


このページのトップヘ