バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 柔術・武術・格闘技

IMG_6043

見るではなく観る。

先日、バランスを失って再構築中。

気づいたこと、

バックロール」「放鬆」そして「観の目」。

目で相手を見るが、観るのは自分。

観るは身体を通す。

身体を通じて感じる。捉える。

武術には「遠山の目付」なる口伝もある。結果的にそんな感じになる。違ってるかもしれない。いまの理解。

備忘録として。意味不明ごめん(^人^)。

肘や膝は振り伸ばすのに有利な構造になっている。手足を投げるような動作。

IMG_5980

引きつけるようにしていると力む。力みはスムーズな動作を妨げる。そして取っ組み合いでは相手の抵抗を生じやすい。

だから、力みのなさが大切。中国武術的には放鬆。

立ち姿勢に妙な力みが入った。できていたことができなくなって原因が見えることもある。

また理解が一歩進んだ。備忘録として。

備忘録ゆえ意味不明文書ごめん(笑)。

先般のある講習以来、立ちのバランスを崩し、常に脚に張りが出て、これが首やその他関節の節々にきていた。頭痛、腹痛もあってかなりの体調不良。

筋リリースで解すも解消されず、久々にやや困った状態に陥っていた。

昨日のエクササイズで原因をつかんだ。

それはバックロール(後方回転)で脊柱を立ち上げること。バランスを崩したきっかけはおそらく腕立て伏せ。脊柱を屈曲させる方法と伸展させる方法があり、最近は伸展を強調していた。

バックロールは脊柱を屈曲に作用させる。といってもわずかな動作に過ぎないが。

IMG_5955


I師匠からバックロールのきっかけとして鼻の操作を習ったが、これもあらためて消化できたかも。

できていたことができなくなった時、その原因を探ることはレベルアップのチャンスなのだ(笑)。

IMG_5943
人の目はあるものをそのまま見ない。目はカメラのレンズと同じ。カメラからの二次元の情報は脳に送られる。そして脳の視覚情報処理プログラムで再構築される。

私たちが認識しているのは脳で加工された画像なのだ。

FullSizeRender
プログラムにはエラーも存在する。錯視は視覚情報処理プログラムのエラーと呼べる。プログラムのエラーなので、画像が錯視とわかってもそのようにしか見えない。

IMG_5951
脳は上から見た図を優先する。この図を逆さまにしても左に登る階段に見える。

IMG_5950
魔の下り坂も脳の情報処理プログラムのバグ。写真の手前は急な下り、その奥に緩やかな下り。上から見た図を優先させるので、奥の坂が上りに見える。

IMG_5949
右から2番目の木はセンター。右寄りに見える。等間隔の隣の広い間隔は縮んで見える。

IMG_5952
真ん中が浮いて見える。目を止めていても絵が動いて見える。目は止めているようでも、完全静止せず、わずかに動き続けるのがその理由。

IMG_5948
内側に小さい正方形のあるコーナーが直角より小さく見えるので全体として歪んで見える。

IMG_5942
円が何重にも描いてあるが、渦にしか見えない(^^;。

錯視とわかっても、そのようにしか見えない。驚きだ。

武術の術理はトリックに似ている。錯視も一つ要因であり、間合いのトリックの多くは錯視を利用していると考える。


このページのトップヘ