バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 柔術・武術・格闘技


★★


今年6月の橋本知之選手と私のスパーリング模様。



練習とはいえ、なにをされているのかわからない程、翻弄される。



橋本さんは世界選手権メダリストであり、全日本選手権は連覇中だ。



その橋本さんをして「なにをされているのか分からない」と言わせるのがリビング・レジェド、カイオ・テハだ。



一体どんなレベルなんだろう。


▼▼


「Technique conquers all (テクニックはすべてを征する)」


IMG_2792


▼▼


カイオ・テハ BJJセミナー in 名古屋

https://seminar.b-jj.net/

IMG_2790

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「Technique conquers all (テクニックはすべてを征する)」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


リビング・レジェンド、カイオ・テハが名古屋にやってくる!!!


IMG_2792

柔よく剛を制すテクニック&コンセプトとは。


しかも、受けは世界選手権メダリスト、全日本連覇の橋本知之の豪華版。


お申込みは専用サイトからお願いします。



参加者多数の場合、申込みを締め切ることがあります。お申込みはお早めに。



▼▼


みなさまの参加をお待ちしております!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【カイオ・テハ名言】



「力を使うな。勢いも使うな。それらに頼るようであれば、その技は間違っている」



「パワー、スピードはディティールを殺す」



「リラックス出来る態勢を探せ。体のどこかが痛いのであれば、そのガード(形)は間違っている」



「技のプロセスを理解する。技の動きではなく、コンセプト、原理、根源を理解する」



「日々の練習に参加する時の心構えとして、スパーリングをしに行くのではなく、新しい技(原理)を覚えに行くのを目標とする」


IMG_2788


「柔術とはなにか。



自分自身を理解するシンプルな方法で、基本的には負けない人間になれる術だ。


私が柔術を教えた人は無敵になれると保証する。


ただし、それは


相手を倒せるようになるという意味ではない。



私は、


相手の体格や制限時間などの条件を問わず、いつでも挑戦を受けてきた。


そんな時、まず心がけていたのは、


相手を打ちのめそうとしないことが重要だと考えていた。


勝つことを優先したことはない。


なにより大事なのは、


生き残ることだ」


(byヒクソン・グレイシー)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「これは父(エリオ・グレイシー)の教えだった。


父は痩せていて体が弱く


「よし、どんな相手でもぶっ飛ばすぞ」


という主義で突っ走れる人ではなかった。


最悪の状況に陥っても落ち着いていること、


そのままで時間を稼ぎ、


自分の安全を守りながら、


チャンスが来るのを待つ。


そんなチャンスがないときは、


どんなに長い時間でも


待つ。


おかげで父は、


自分を信じられる強い心を持つようになった」(同)



ヒクソン・グレイシー無敗の法則より

http://diary.nbjc.jp/archives/1707098.html

I師匠に習っている馬歩。

いまだしっくり来ないが、ここもピリオダイゼーションで一足飛びに完璧を目指さず、とりあえずやっている。

3分目標だが、まずは1分30秒で^ ^:

IMG_3897

モーニングクラス終了。


朝、練習するのは気持ちいいな♪。また来よう(笑)。


ところで近々、NBJCのコンペクラスをはじめようと思っている。選手練は以前もやっていたが、ただ集まってスパーリングをするだけだった。


いま考えているコンペクラスはズバリ試合に勝つための練習だ。


通常の柔術練習と異なる。カウントダウンの中でいかにポイントを取るか守るか。試合におけるピリオダイゼーション。そこを掘り下げていく。

ウエイトトレーニングをやってる時よりも、套路をやってる時の身体の感じが好きだ。

やっと、この理由がわかった。

筋肉の緊張が少ないからだ(笑)。

緊張の少なさはリラックスになる。

ウエイトトレーニングは性質上、筋肉に強い収縮をかける。それが緊張として残る。

ならば筋肉を鍛えて、緊張を抜いてやればいい。

武術的術理は身体の操作。妨げにならないのなら、筋力が強くても問題はない。

強くて快適にいられるコンディションを作ろう。


このページのトップヘ