バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 柔術・武術・格闘技

FullSizeRender

「ヒーロン自ら「防御こそ最大の攻撃の機会」とも語っており、徹底してガードポジションに重きを置いているのが特徴だ。それに対して、ヒクソンのインビジブル柔術は基本的な思想は同じくしながらも、トップポジションに重きを置いた、全方位的でより攻撃的な技術体系のように思われる。なかでもヘンリーが重視しているのがサイドコントロールだ。ヘンリー自身が“Dead Whale Side Control System(デッド・ホエール・サイドコントロール・システム)”と名付け、高度に体系化している。俺が石井拓氏に手ほどきを受けたのも、このサイドコントロールだった」

https://www.sandinista.xyz/entry/2018/12/06/183528

いまはコロナ禍で、まさに不要不急の外出を自粛。

じっくりと術理研究にはいいかもしれない。

私が使用する力は基本的に2種類。

梃子と勁力。

人体の関節は多くがヒンジ構造になっているので円運動であり、梃子となる。

この梃子の操作の巧拙がそのまま身体操作や、なんらかの技術の上手下手になる。

あらゆる運動はエネルギーを発するが、ここから重さを引くと勁力になると考えている。勁力はパートナーを錯覚に陥れる効果がある。詳しくはあらためて(笑)。

さて、梃子だが、どこに支点を取って動くかにより、効果が異なる。

柔術のセルフディフェンスの初歩では、掴まれた手首の解除を学ぶ。固定された手首を中心に動き、梃子で解除する。コントロールされているところをコントロールしようとしない。これが柔術の原理と考えている。余談ながら、習い事の初歩を「手解き」と呼ぶのは、ここが原点らしい。

梃子の支点となる人体の関節は68個ある, 柄にあたる骨の長さも人それぞれ。その組み合わせは膨大な数となり、無限と呼べるかもしれない。

あとで書き出す。











IMG_7264

「「気」は両先生(空手座波仁吉、居合川崎武雄)から学んだわけではなく、私独自のものです」

久しぶりに宇城師範の著書。

いまの私の理解で「気」をどこまで捉えられるか。

幸い、I師匠から手解きを受けているので、ぼんやりとしているものの多少体感はできる。

そのぼんやりは解消されるだろうか。それは、はたして「意識」か「催眠術」か「エネルギー」か、それとも・・・。

▼▼▼

読了後。対立ではなく、調和する。組んでる状態ならなんとなくわかる。接触せずに調和するのは難易度高い。課題だね。

「相手に入るということは、「相手に入るという技」が先にあれば入れるのであって、その技があれば怖さも消えるのです」

深いなー^ ^




FullSizeRender
IMG_7117

著名な柔術家たちが配信している動画サービス。中にはコロナウイルス世界的流行を慮り、無料で開放しているサイトもある。

じっくり研究するチャンスかも。

ガッシア、ポールシュライナーの組み手争い。まるで中国武術双推手のよう。ガッシアの高弟には競技推手元世界王者ジョシュ・ウエイツキンがいるので技術シェアも当然か^ ^

このページのトップヘ