バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : ダイエット・美容・健康

心にも柔軟性が存在し、損なうとストレスに過敏になるね。

「must」が多いと柔軟性を失うようだ。心身共に柔軟でないと。

柔術は戦いだ。戦いを通じて自他のコントロールを学ぶ。まさに。

戦いの中では衝突を避ける研究をしているのに、心がぶつかっていてどうする?(^^;。

社会では「君子危うきに近寄らず」であり、争いを避ける工夫が必要。

柔術では力みが抜けない時、意図的にボコられてリラックスを導いている。そんな感じなんだろうね。

心の弾力性。大切だね^_^。

IMG_7317
まずは足。身体を支える大元がここ。足の骨は片方て26本。いかに体幹や骨盤を調整しても、まさに足元がしっかりしていないとちゃんと立てません。

IMG_7318
 そして脊柱のエロンゲーション。長く柔らかく。
ローリング・ライク・ア・ボール。柔術のボトムに直結する動作。

そのわりには上手くできない私(^^;。

IMG_7323
こちらは伸展。スワン。これもエロンゲーション。腰身体反っては痛めます。

IMG_7324
側屈。脊柱のエロンゲーションのために、様々な角度からアプローチ。

FullSizeRender

年取るとあちこちめんどくせーよなー(^^;


肺活量の問診で喫煙の有無を聞かれる。20〜30才までは毎日2〜4箱。ロングピースなどのヘビースモーカー。


肺活量4960ccで半年前より60cc回復している(笑)。ちなみに10年前5200cc。


IMG_7064
柔術をソフトウェアと考えている。

ソフトはハードウェアに搭載して機能する。この場合、ハードは身体となる。ハードがハイスペックならさらに効果的だ。

でも、ハイスペックなハードもソフトがなければ機能しない。

ソフトもアップデートが必要だ。

あなたのスマホ(カラダ)に柔術アプリを^_^b

近頃、ナイフで殺傷される物騒なニュースを耳にする。セルフ・ディフェンスの要求は高まっているのかもしれない。

たが、暴漢の人数、武装の有無、タイミング、場所など、不確定要素が多すぎて、そのすべてに対応することは困難と考えている。

では、セルフ・ディフェンスはありえないのか。そうではない。

例えば、防災のための避難訓練がある。これも絶対の生還を約束するものではない。だが、知らないよりは知っていた方がサバイバルの確率は高まるに違いない。セルフ・ディフェンスも同じだ。

つまり、セルフ・ディフェンスを避難訓練と考えよう。

もちろん「君子危うきに近寄らず」がベスト。蛮勇も必要ない。様々なエスケープが間に合わない時の最後の最後の最後の手段としてのセルフ・ディフェンス。それを知っておいても損はないだろう。

IMG_7063



このページのトップヘ