バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : ダイエット・美容・健康

センターを獲る練習をしている。間合いのコントロールはまずはここからと考える。


一人で練習するために、套路でもできるのか師匠に質問。すると、どこから右で、どこからが左なのか。そして陰陽は交わらない。とアドバイスを受けた。なるほど。


IMG_5045


I師匠サイトより

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1266592550152137&id=222710354540367



IMG_5017
今宵のクラスは露橋でキモノ。露橋は私たち以外にも様々な格闘技、武道が練習している。そんな彼らが怪訝な表情でこちらを見ている。私が佐藤に後ろからバシバシ蹴りを入れていたからだ。なるほど、イジメてるように見えなくもない(^^;。でも、安心してください、システマで習ったエクササイズなんです。その証拠に交代で私も蹴られている。たしかに武術や格闘技ではそんな練習あんまりない。一歩違えたらパワハラだよなー、気をつけよう(笑)。


そのあとI師匠と練習。いつも通り単推手、双推手、そして四正推手へと続く。さらにリクエストして目下マイブームの間合いのコントロールの基本。人間の意識や空間認識についての勉強。これがめちゃめちゃおもしろい。


「素人以下」(by某師範)の俺様はこれから成長期なのだ(笑)。


IMG_5015

義理チョコをいただいちゃいました(笑)。ありがとうございます^ ^。



ロシア武術システマは様々なエクササイズを通じてそれぞれが気づきを得る。

それぞれのシステム。それが流儀。

なぜ、そうなるのか、なぜ、そうするのか、考えるのではなく感じる。

そんな原点に立ち戻る機会となった今回のシステマ練習。

Don't think!Feel!




PS.もちろん、セルゲイ、ザイコフスキー師範をはじめ、参加のみなさん、そしてシステマ大阪の大西師範からも多くのヒントをいただいたが、ポイントは記録したものの文字にするとどれもニュアンスが違ってしまうので非公開。



筋リリースは筋肉の緊張を解くエクササイズ。

ストレッチは筋肉の長さを伸ばすエクササイズ。

ここら辺の認識は流儀、流派によって若干の差はあると思う。上記は現状の私の認識、定義に過ぎないことをお断りしておく。

動作の妨げになるのは筋肉の緊張なので、筋リリースはあらゆる運動に先行して行うべき。起床時に行うことを推奨しています^ ^。

※各関節の可動域を広げるためには筋肉の緊張を解した上でストレッチが有効と考えています。筋肉の伸びを超え、性急に可動域を広げては靭帯、腱の損傷、関節、骨の変形につながる怖れがあるので、順を追って進めましょう^ ^b

スポーツにおいて競技性の向上と健康は必ずしもイコールではないので注意が必要です。


今日は池下「アンドヨガ」で行われた葉坂先生のピラティスエクスパンション10シリーズの第3ステージを受講してきました。


第1、2ステージで足、股関節周辺の筋リリースを学び、私の朝は変わりました。毎朝、身体中の筋肉の張りから関節が動かず、私の寝起きは産まれたての子鹿のようでした(笑)。「今日は練習無理かなー」と思いながら、日課のエクササイズをこなして徐々に動けるようになるといったありさまでした。


先生曰く「あらゆるアップや準備体操の前にまず筋リリース」ということで、朝は布団の中でヒップリリースやレッグスライドなどをするようにしました。すると寝起きからすっと動けるようになったのです♪。


第3ステージは首周辺の筋リリース。頭の重量約5kg、腕約4kgを支えているため凝りやすい個所。色々な意味で首が回らなくなっている私もスッキリ(笑)。


頭蓋骨と頚椎の繋ぎ目は意識しにくいので、模型を使った解説はわかりやすかったです。これらエクササイズも当然日課になります。


葉坂先生、アンドヨガのみなさんありがとうございました^ ^。



PS.NBJCはメンバーたちが成長してきたおかげで私もユーティリティーで動けるようになり、様々な武術やエクササイズからの学びの機会にも比重をおけるようになりました。来週はロシア武術システマセミナーで大阪です^ ^♪。

もちろん、メンバーのみなさんにはフィードバックしますのでお楽しみに^ ^v。

このページのトップヘ