バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : ダイエット・美容・健康

IMG_6882

ピラティスリング^ ^

スパインストレッチフォワードでの肩甲骨や股関節内外転の繊細な操作を学習するのに手助けとなったアイテムで取り寄せた。

真の資産、自身の身体を使いこなせ^ ^v



私の体重は57kg前後で推移していた。
甘味や鍋などを食べた翌日は1kgオーバーの58kg。一日で脂肪や筋肉が増えるわけないのでもっぱら水分。その翌日には元に戻る。そんな流れだった。
二週間前から突如、体重が戻らなくなり58kg前後を推移。
今朝。ようやく元の流れに。ちょっとビビった(笑)。

なぜ私が武術格闘技をやるかといえば弱いからだ(笑)。

普通に闘ったら、身体が大きく、力の強い者が強い。当たり前だ。大人が子どもとケンカするのにテクニックなどいらない。

私の身長が2mで筋肉隆々の160kgだったら、武術格闘技はやっていないし興味もないと思う。

人は空気を意識しない。当たり前のもの、簡単に手に入る物を努力して手に入れたいとは思わない。

弱いからこそ、強くなりたい。それは簡単ではない。だからこそ、やり甲斐がある。

そして今、めちゃくちゃ強かったら日々の練習が苦痛になるだろう。嬉々として取り組めるのは弱く下手だからだ(笑)。

柔術を含む武術格闘技に求められるのはしなやかな動きと考える。力みはしなやかな動作の妨げとなる。

力みのなさは脱力ではない。脱力は押しをスカせるが、引っ張りには関節が抜けるので弱い。

例えば車や自転車の運転の時、ハンドルを力んで握る人はいないだろう。ふわっと、でも脱力していない。

何事も熟練者から力みを感じることはない。

このページのトップヘ