バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : ダイエット・美容・健康

2、3日腰痛。歩行に支障の出るほど痛めたのは久しぶり。あるエクササイズで背中を伸ばそうと試していたのが原因。でもね、伸ばせばいいってもんでもない。過ぎたるは及ばざるが如し。
右膝痛から基本功、套路を控えていたら、てきめんに力みが出てくる。私には必須エクササイズ。
ピラティスで動作の分析力が高まった。どこか痛めたり、不具合などのネガテイブ要因も、原因を探ることで身体操作の理解が深まっていくのである(笑)。

グレイシー柔術のセミナーに出席した時のこと。もう随分前の話だ。
最後にホリオン・グレイシーが
「これからみなさんにグレイシー柔術の奥義をご覧に入れます」
といって、ヒーロンとヘナーが見せてくれたのはライトスパーリング、いまでいうロールだった。

それをなんとなくしょうもないな〜と思いながら見ていた私。と、いうのも当時メンバーはわりとできていたからだ。

時を経て、競技が主流になったせいかガチスパーが練習の中心となった。もちろん、これはこれで大切なのだが、お互いを効かせ合うライトなスパーリング、ロールも技の研究、学びには大切なのだ。また加令にしたがって、毎日ガチスパーの連続では身体への負担が大きすぎる。

そこでNBJCでは全体メニューにロールを加えることにした。ロール中は互いに一度はタップするというルールも設けた。

これでタップのハードルを下げた。タップへの心理的抵抗感が力みの一因と考えたからだ。ロールが終わったらパートナーへ感謝の拍手を送ろう。

スパーリングはもちろん、ロールもできる柔術家でありたいね。これでこそ、真に一生楽しめる。まさにグレイシーは慧眼だった^ ^。

グラップリングツアー終了後、公武堂をあとにして、久屋大通公園のタイフェスティバルへ。

NEXの服部謙ちゃん、愛子ちゃん夫妻のタイマッサージ「Chai Chai」のブースを訪ねました^ ^。

してギュー(笑)。愛子ちゃんの修業時代にもマッサージを受けたことがあって懐かしい思い出です。

全身コリコリの私は超スッキリ♪。このあと猛烈に飲めました(笑)。

謙ちゃんも愛子ちゃんも本当に会うのは久しぶりなんですが、初々しい雰囲気はまったく変わらず。仲睦まじいからでしょうね〜♪。

次は奥さんを連れてお店におじゃましますね^ ^。


昨夜、スパーリング途中で脚が変な感覚になり中断。
原因を探ると地面を蹴るようにしていた。それは股関節の伸展。
普段、馬歩の感覚で立っている私。馬歩は屈曲で地面を蹴らない。
なぜそうなったか思い当たるのは最近ハマっているピラティスのウォールロールダウン。
ちなみに長座で地面を蹴る、股関節伸展方向に力を加えると骨盤は後傾する。

おかげで身体操作の理解が深まり、クオリティもアップした^ ^。



右膝痛が長引いていて、基本功、套路を休止中。てきめんに全身が力んでくる。歩いているだけで脚が張ってくるしね。

今日から套路を再開。バランスが戻りつつある。

あらためて、バランスは繊細で微妙だ。

この因果関係を探るチャンス(笑)。

このページのトップヘ