バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : ダイエット・美容・健康

体脂肪コントロールの技法の一つとして日々の食事を記録している。細かく区分けすると書き込む手間が煩わしいので大まかに記録。

炭水化物をC、タンパク質をP、ビタミン類をV。

食べ過ぎやジャンク、飲酒はRとしている。

表記について


また内容がCPVであっても、その後の体重減に影響が出た場合、遡ってR指定とすることもある。

食べ物のR指定を具体的にあげれば

ラーメン、焼肉、カレーなどもRとなる。

どれも旨いものばかりだ(笑)。

例えば、昨日の朝の体重は64.45kg、今朝は65.25kg。この差は昨日のランチのカレー、それに食べ過ぎが原因と考える(笑)。運動量、それ以外はほぼ同じなので妥当だろう。

もちろん、織り込み済みであり、わかってやってる。

すべての食事を厳格にやっていては息が詰まるし、長続きしない。

それで体脂肪の中長期計画に影響を及ぼさないRの許容量を求めることになる。

昨年12月からの約10ヶ月のデータから推測するに、週4X7で28回の食事の内、3〜4回は許容範囲と考えられる。

ちなみに飲酒は週1回(笑)。

もし、飲酒が0回なら、その週のRは4〜5回でもよさそうだ(笑)

これらのデータや許容範囲などは、あくまで私個人の現時点のものにすぎません。ご注意ください^ ^

この一ヶ月の自己嫌悪。

試合では自分の不甲斐なさに、体脂肪コントロールでは食事を少しゆるめただけで体重増になったり、立ち姿勢もよくわからなくなったし(笑)。

中でも最も気にしていたのが立ち姿勢。

ここが核であり、軸である。

まさに地に足がつかないとはこのことだ。

といって立ち止まってるわけにはいかないので、わけのわからないまま馬歩をやっていた。

するとちょっぴりポイントが掴めてきた。いままでどちらかというと後方に位置していた重心を前でも後ろでも横でもないところに修正。

立ち姿勢にあたりがついてきた。

不思議なもので、競技や体脂肪コントロールについても前向きになってくる(笑)。

立ち姿勢の重心や軸は、生き様の重心であり、軸なのである^ ^♪

IMG_4452

写真はI師匠の馬歩。私は真似しているものの、なんとなく雰囲気が異なる。黙念師容。ここを目指す^ ^





【体脂肪コントロール】




食事、体重を記録している。






記録には炭水化物をC、タンパク質をP、ビタミン類をVと表記。






食事は基本的に一日、朝、昼、夕、夜の4食。






組み合わせは






朝、C・V

昼、C・P・V

夕、C

夜、P・V


の構成。






食べ過ぎやジャンク、飲酒はRと表記。






週4X7=28回の食事。






この約一ヶ月を振り返ると週4〜5Rで体重増。






先週66.02kgの平均体重。






今朝64.95kg。運動してないのに。先週のRも5。






なぜ落ちたか・・・。






酒だ!!!(笑)。






先週の飲酒は一回。






その前は週二回。






いまの私の身体は週二回の飲酒は体重増、一回なら維持もしくは減の流れ。






言い方を変えれば、内臓へのダメージ。週二回以上の飲酒はリカバリーが追いつかない。






おそらく、ノーダメージなら週二回飲んでも影響ないだろう。






まあ、飲む量にもよるけどね・・・(笑)。






状況、状態は常に変化。






原因、解決策は一つではなく。






二極論でもない。






人生と一緒やね(笑)





☆☆☆☆☆☆☆☆

備忘録として記す。

いまも相当、手こずっている立ち姿勢。立ち姿勢は呼吸と並び、身体動作の超基本。コンピューターならオペレーティングシステムといえる。


私の場合、その拠り所になっているのが馬歩。しばらく前にI師匠から修正いただいてからまだあたりがつかない。


ここが定まらないとすべてを全否定されているかのようで気持ちまで落ち着かなくなるのは発見だ^ ^;


上体はまずまず、脚の使い方が違っている。とはいえ、そろそろ着地点も見えてきている。


落ち着きも取り戻しつつある(笑)。

このページのトップヘ