バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : ビデオ・DVD・CD




サミール・シャントレ「ヒップクランプガード」に続く教則V。最強ガードと呼び声高いラッソーガード。NBJCでも太田加圧ラッソーが猛威を奮っている(笑)。


ラッソーからの変化をいくつか紹介している良作。

ラッソーガードからのスイープ研究中の私は変化よりも相手の強いベースやバランスで煽れない場合の崩しを詳細に知りたい。せっかく良い形のラッソーになったのにフックやXに変化するのはもったいない気がする。痒いところにもう少し手が届いて欲しかったかな。



大東流合気武術の達人佐川幸義師範が合気を探る秘訣があるとした合気揚げ。私も研究を続けている。餅は餅屋ということでDVDを取り寄せてみた。腕の使い方など細部の工夫を見て取れた。
これだけで絶対出来るとは思えないが(笑)、いくつかヒントになった。
このVでも語られているが合気揚げの目的はなにがなんでも上げることではなく、相手の力を外す、もしくは影響を受けなくする練習だと考えている。



吉岡崇人さんのパスガード教則V。密着系で、いわゆる中井先生の問答無用系パス。レッグドラッグに腰を切ったりモダン風味を加えている。

私も好きなテクニック。ハーフガードパスの腕、脚の使い方はとても勉強になった。

最近の教則Vはクオリティが高いね。プチマイブーム^ ^。




値打ちになった二本。ローグネーションはめちゃめちゃおもしろく、BGVに最適。バットマンVSスーパーマンはシリーズに疎い私には難解な場面が多くありましたが、その後、ネットの解説を読んで多少消化。じっくり観るとおもしろさがじわっときましたね。

 

テレレの身体操作は見事でライオンやトラなど野生動物のようだ。
時代の寵児となる選手はメンデスなどのようにオリジナルの戦略、戦術を持っていることが多い。テレレもまさにそう。現モダン系の原形となるパスガードを披露している。もし、テレレに思わぬブランクがなく、現役のままいたら、いまの柔術は技術的にもっと進んでいたかもしれない。



柔術家の中で驚異的な身体能力を感じるのはレオジーニョとテレレ。この二人はおそらく柔術以外のどんなスポーツをやっても大成したのではないでしょうか。共にスタンド、グランドの切れ目がない。テレレ背負い投げは見事だ。

テレレのテイクダウン教則V。



2005年小田和正のレギュラーTVがBlu-ray化されたのでさっそく取り寄せた。

番組は小田和正が自身の音楽史を曲の紹介と共に振り返る。幼少の頃に聞いていた歌謡曲。バイオリンからギター、そしてピアノと学ぶ楽器の変遷。テクニックに傾倒し、洋楽の完コピ、英語への取り組みなどなど。
名曲ムーン・リバーの紹介では、オードリーヘップバーンが1オクターブしか歌えず、少ない音域でいい曲を作るのは難易度が高いと明かす。
軽妙な毒舌で笑いを誘いながらの極上のエンターテイメント。

音楽っていいな。真底思える作品。

全編560分。ADCC2009以来(笑)。じっくりと堪能したい。



このページのトップヘ