バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 試合・イベント

FullSizeRender

「新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止に伴い、今大会にて出場辞退・キャンセルをご選択された方を対象に、出場費のご返金を実施いたします」

https://www.jbjjf.com/2020/02/20173/

私も色々と考えた上で今回は出場を辞退することにしました。

全日本マスターは初挑戦で楽しみにしていたので残念です。

IMG_6756

システマ東海主催のダニエル・リャブコ特別クラスに行ってきました。

IMG_6757
IMG_6758


リラックスを学ぶ。まずは立ち姿勢でのリラックスをモニター。その後、歩いたり、腕を上げたりして緊張が起こらないかチェックしていく。
ダニエルの前転は目を見張る柔らかさ。マットではなく、固い床で練られた身体。凄いですね。

IMG_6796

参加のみなさま、お疲れでしたー^ ^

IMG_6768

そして私的にはメイン(?)の懇親会。

IMG_6770

飲み足りない私たちは二次会へ。楽しい夜でした♪

【2月23日岩崎正寛名古屋セミナー中止のお知らせ】

新型コロナウイルスが流行の兆しで連日トップニュースになっています。
現在、市中感染のリスクが高まり、政府は人混みを控えるよう見解を発表しています。

このような状況下、万が一の感染のリスクを考え、2月23日開催予定の岩崎正寛名古屋セミナーは残念ながら中止とさせていただきます。

楽しみにご予定いただいたみなさまには大変申し訳なく、深くお詫びいたします。

昨年末に当委員会が開催したセミナーで参加の15名中11名がインフルエンザに罹患してしまい慎重にならざるを得ない状況をどうかご理解いただければ幸いです。私共の判断が杞憂に終わることを願っております。

岩崎正寛セミナーは新型コロナウイルス流行収束後の年内にあらためて開催する予定です。岩崎さん本人にも了承いただいております。

お預かりしております参加費は返金いたします。すでに参加者のみなさまには個別にメールにてご案内させていただいております。

性急で誠に恐縮ではございますが、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

岩崎正寛名古屋セミナー実行委員会 早川正城

セミナーオフィシャルサイト

IMG_6022
IMG_6024

システマ東海さんからご案内です。

▼▼▼
【ダニエル・リャブコ 2020名古屋特別クラス】

システマ創始者ミカエルの長子にしてシニアインストラクター、ダニエル・リャブコの名古屋特別クラスのお知らせです。

期日》
2月19日(水)
19時00分〜21時00分
(受付18時30分〜)

場所》
レンタルスペース
LDK覚王山 
スペースA
覚王山駅徒歩10分弱

※レンタルスペースへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。
お問い合わせは下記メールアドレスまで

床:コンクリート
外履き運動靴可です。

システマ会員 \5000
一般     \6000

参加表明してもらうと助かりますが当日のご参加でも結構です。
お待ちしています。

クラスの後、名古屋駅付近居酒屋で懇親会(割り勘)を予定してます。
こちらは参加の際は事前にお知らせください。

不明な点は下記までお問い合わせください。


▼▼▼

前回、二年前の模様




IMG_6598
IMG_6548

IMG_6022
IMG_6019

岩崎正寛名古屋セミナー一般募集開始しました。

スタンドの攻防に不安はありませんか。テイクダウンを理解すれば試合で先手を取れますよ。

あと5席。お申込みはお早めに。

お申込みはこちらから

▼▼▼

昨年名古屋セミナーの模様。

IMG_0672
IMG_0684

みなさまの参加をお待ちしております!

IMG_6343

橋本選手がタリソン・ソアレスを決勝で破り見事優勝!!!

動画↓




IMG_6345

絶対王者ブルーノ・マルファシーニは準々決勝でタリソン・ソアレスに敗れる。

IMG_6024

【2月23日 岩崎正寛名古屋セミナー4th「Take Down of the BJJ」
先行募集、受付開始しました】


いままでに当名古屋セミナー実行委員会主催セミナーに参加していただいたみなさまに、一般募集にさきがけ募集、割引のご案内をメールにて送信させていただきました。


なお、一般募集は29日に予定しております。


定員15名。定員になり次第締め切らせていただきます。みなさまのご参加をお待ちしております。

IMG_6022


▼▼▼

2020年はテイクダウン能力を高めよう。

柔術が世に広まってはや四半世紀。柔術界のトレンドはトップポジション有利、ボトムポジション有利を循環させ進化してきた。

現在のトレンドは引き込み→ボトムの流れ。軽量級ほど顕著であるわけだが、それでもトップポジションを奪い切る能力にポイントが与えられるのに変わりはない。

トップ奪取の有効性の証しといえる。

スタンドからグランドへの移行。

スイープ際の攻防。

トップキープの際を制するのはテイクダウン能力だろう。

2020年、あなたの柔術の幅を広げてみませんか。

IMG_6019


このページのトップヘ