バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 試合・イベント


【THE MONSTER!シュレック関根緊急参戦!!!】


グラップリングツアー2017 第二戦 「極-KIWAME- 其之十一」エキスパートアダルト99kg超とアブソルートに出場します!




【締め切りを再延長します】

グラップリングツアー2017 第二戦 「極-KIWAME- 其之十一」は出場者募集中です。締め切りを本日17:00まで延長させていただきます!




【グラップリングをはじめてみませんか】

今大会エキスパートクラスは物凄い顔ぶれになっておりますが、グラップリングツアーはアマチュア競技会であり、安全面には最大の注意を払っています。レフリーストップもあります。出場者のレベルに応じたクラス分けもなされ、どなたにも安心してご参加いただけます。


ビギナーやアドバンスクラスのチャレンジャーもお待ちしております!

ノーギ未経験の方も観戦がてら参戦してみませんか?


よろしくお願い申し上げます!!!


グラップリングツアー極オフィシャルサイト

http://kiwame.nbjc.jp/


セミナー開始。テーマは恐怖。人の行動の多くは恐怖が支配している。なにかに不安を感じて道具を開発したり、未知を解明している。

エクササイズ開始。目を閉じて会場内を歩く。最初は腕を前に出す。1周目は一歩で吸い、一歩で吐く呼吸。2周目は二歩でと増やしていく。当然、他の人や壁にぶつかる。不安で緊張感が高まる。みぞおちあたりが固くなっていく。5周目以降は腕を下げて歩く。といっても目を閉じているので何周歩いているのかわからない(笑)。結局、腕を前に出したまま歩き続けた。すると徐々に慣れて緊張感が抜けていくのがわかる。緊張が前に出した腕に移動していく。緊張を身体に入れないとミカエル師範。なるほど、実感。

次に5人ペアになってマッサージ。横になった人の両手両足を残りの4人がつかんで色々な方向へ捻ったり引っ張ったり。ケガするギリギリの緊張を呼吸でコントロールしていく。
「でも今日来た人数と同じ人数で帰ってね(笑)」とやり過ぎないようにアドバイス。一人10分(笑)。なんだかちょっと身体が軽くなった。

そして対人練習へ移行していく。一人がベアバッグ。締められた方は力のテンションをコントロールし外していく。以下、この変化が続いていくのだが、私は最初のこれが上手くできず。結局、一日ずっとこればかりやっていた(笑)。

ポイントは
・真っ直ぐに立つ(私は歩幅が広すぎると注意を受ける。広いと脚で踏ん張ってしまう)。
・相手からのテンションを抜く(自身の姿勢を維持するテンションはそのまま。相手からの影響によるテンションだけ抜いていく。相手との接触面の圧力は変えず。姿勢を維持しながら、心地良いポジションに移動していく。結果的に相手が崩れる)。

このあたりの術理はI師匠の教えに似ていると感じた。
・地面を蹴らない。
・相手の支えにならない。
アプローチ方法もいくつかあるんですねー。

この最初の部分をシステマ大阪代表の大西さんに質問し、教えてもらってるとダニール師範がやってきて、創始者ミカエル師範の元へ連れていかれた。

ここから参加者が車座になった中、ミカエル師範とマンツーマンの練習となる(汗)。ニコニコしながらかかってこいよとミカエル師範。大人気ない私は通訳を通じ本気でやっていいかと確認(笑)。まずは7、8割で接触、技をかけられたが踏ん張ることにした。すると脇にパンチ、一発、二発。転倒。徐々に本気モードへ(笑)。あとは掴みかかっては崩されを繰り返す。最初は組んでから崩されたが、師範もシフトチェンジ、接触前から崩される。めっちゃ不思議な感覚。空手宇城師範を思い出す。何度か攻防したあとどんな感覚かインタビューされる。組み、もしくはその直前でなぜ崩れるのか質問。そこに気づくのはなかなかいいことだと師範は前置きして、先ほどのポイント、立ち方の重要性を教えていただいた。

ちなみにこのセミナーの模様はDVDで発売されるようで、このシーンを使っていいかとミカエル師範にたずねられた。もちろんOK。その心遣いにも感動した。

いままで様々な武術家、格闘家に出会った。強い人ばかりだ(一部のまがい物を除く(笑))。その中で優しさやあたたかさを感じたのは我が師バルボーザとミカエル師範だ。

システマは格闘技のように争わない。ミカエル師範の人柄が術理を体現していた。もう、めちゃめちゃ感動した^ ^。

ちなみにセミナー終了後、大西さんの導きでミカエル師範にパンチを(軽く)打っていただいた。物凄い衝撃。1分くらいうずくまる。すると師範は呼吸するように優しく背中をさすってくださいました。某高名師範の突きも強烈でしたが、ここが大きな違いかも(笑)。

ミカエル師範との取っ組み合いのあと、ダニール師範に声をかけられました。

「どうだった?(ニコニコ)」
「いやー、ボゴボコにやられましたね(^^;」
「あはは、大丈夫、僕もいつもそんな感じでやられているよ(笑)」

ダニール師範は技量、そして人柄もミカエル師範を継承されてますねー。

ミカエル、ダニール師範、そしてシステマ大阪大西さん、権藤さん。私のしつこい質問にも快く応じてくださいました。そして一日丁寧にご指導いただき感謝です。システマ大阪のみなさまにも御礼申し上げます。楽しい時間をありがとうございました。
(それから大西さん、ランチもごちそうさまでした(^人^))

とても勉強になりました。また、しっかり練習をしていきたいと思います^ ^。

システマ東京のスコット、アンディと10年ぶりの再会。

10年前の模様

あいかわらず元気ねー^ ^♪

ま、俺もだけどさ(笑)。



PS.
名古屋に戻る。みんな活き活きして練習してるねー。亭主元気で留守がいい(笑)。

昨日は沖縄拳法空手、今日はロシア武術システマ。もう、脳みそがくたくたでござるよ。NBJCピラティスクラス後のmarico先生を誘って、メガでエナジーチャージ!!!




ロシア武術システマ創始者ミカエル・リャブコ師範^ ^


めっちゃ優しい、あたたかいオーラですねー♪


おもわずTシャツ買っちゃいました(笑)。


セミナーでは、ミカエル師範とかなり取っ組み合いをさせていただいた。大人気ない私は加減なしでかかっていっては見事なコントロール。凄いねー。あとは質問しまくり(笑)。気さくに応じていただいたミカエル師範の大ファンになっちゃいました^ ^


この模様はDVDになるそうです^ ^b

尼崎リサーチ・インキュベーションセンターにやってきました。

ロシア武術システマ創始者ミカエル・リャブコ師範、そしてご子息ダニール師範のセミナーが14、15日の両日開催されます。私は初日のみの参加。

受付。誓約書にサイン。

物販。本やビデオはすでに結構持っている私(笑)。

数ある中から本部のTシャツをチョイス。

お目当ての武器類。ダミーナイフも持っているのでムチ(ナガイカ)を一本購入。さすがに、そのまま持ち帰っては新幹線でややこしいことになりそうなので近くの百均で袋も購入(笑)。

ミカエル師範に軽く打ってもらった。それでもかなり痛い。持ち帰って佐藤で試す(笑)。やっぱり痛いよねー。

床はマットではありません。

しばらくすると、システマ創始者ミカエル・リャブコ師範の登場です。


沖縄拳法空手菊野さんのセミナーに参加してきました。


内容はセイサンの立ち方、背中の使い方。


肘を絞って突き。これで背中を鍛える。筋肉がパンパンに張りました。菊野さんの背中にオーガがいましたねー。

身体の後ろに軸を取っての突き。一撃必殺を体現する菊野選手の突きの一端に触れた気がしました。


セミナーにアライブの竹本さんも。四日市のHさんとは久々の再会。

学ぶは楽しい。ありがとうございました^ ^。

PS.

その後は懇親会^ ^


システマのラブパンチ。めっちゃ痛かったけどスッキリしました。

14日のシステマセミナーの期待も膨らみました♪。


TAISHO参戦決定!!!


総合、柔術、グラップリングで幾多の強豪と激闘を繰り広げたTAISHOこと岩間朝美選手がグラップリングツアー2017 第二戦 「極-KIWAME- 其之十一」に出場します。


TAISHOはエキスパートアブソルートに出場予定です。同階級には今成、赤尾選手もエントリーしています。熱戦に期待しましょう!


出場者も募集中です。みなさまのチャレンジをお待ちしております!


グラップリングツアー2017 第二戦 「極-KIWAME- 其之十一」


主催: グラップリングツアーコミッション

主幹: ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ&チームバルボーザジャパン


日にち: 10月22日(日曜)

受付・計量: 9:30

試合開始:10:30


場所:名古屋市露橋スポーツセンター(愛知県名古屋市中川区露橋二丁目14番1号)

参加費:

体重カテゴリのみ、または無差別級のみ 4000円

体重カテゴリ+無差別級 5000円

※無差別級の当日エントリーは行いません。

グラップリングツアー2017・年間登録料

500円(支払い済みの方は不要)

※すべての選手は、出場費とは別にグラップリングツアー年間登録料500円が必要です。


詳細、お申し込みは極専用サイトから

http://kiwame.nbjc.jp

【長谷川秀彦欠場のご案内】


グラップリングツアー極其之十一への長谷川秀彦選手の出場を発表させていただきましたが、都合により欠場となりました。


長谷川選手には来年のグラップリングツアー参戦をお約束いただきました。


ご期待いただいたみなさんにお詫び申し上げます。



「極めの殺し屋」と恐れられるサンボマスター長谷川秀彦が、グラップリングツアー2017 第二戦「極 -Kiwame- 其之十一」に参戦決定です!

長谷川秀彦プロフィール
全日本サンボ82kg級王者にして第二代DEEPウェルター級王者。


ロシア伝来の足関節技に刮目せよ!

2017/10/5追記

【長谷川秀彦欠場のご案内】


長谷川秀彦選手の出場を発表させていただきましたが、都合により欠場となりました。


長谷川選手には来年のグラップリングツアー参戦をお約束いただきました。


ご期待いただいたみなさんにお詫び申し上げます。



今成選手、赤尾選手共にアダルトエキスパートクラス69kgとアブソルート級への出場を予定しています。


主催: グラップリングツアーコミッション

主幹: ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ&チームバルボーザジャパン


日にち: 10月22日(日曜)

受付・計量: 9:30

試合開始:10:30


場所:名古屋市露橋スポーツセンター(愛知県名古屋市中川区露橋二丁目14番1号)

参加費:

体重カテゴリのみ、または無差別級のみ 4000円

体重カテゴリ+無差別級 5000円

※無差別級の当日エントリーは行いません。

グラップリングツアー2017・年間登録料

500円(支払い済みの方は不要)

※すべての選手は、出場費とは別にグラップリングツアー年間登録料500円が必要です。


詳細、お申し込みは極専用サイトから

http://kiwame.nbjc.jp

このページのトップヘ