バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 映画

IMG_0706

男子は胸高鳴ります!奥さんは隣でグースカピー(笑)。


アポロ計画には40万人の人間が関わったとされる。月に到着した二人を40万人もの人たちの努力が支えたのだ。


その中で好きなコンピュータ技師の話↓

https://koyamachuya.com/column/voyage/33611/

IMG_0707



「鳥は翼で空を飛ぶ。人はイマジネーションで月に行く」


https://firstman.jp/sp/


FullSizeRender
天才ハッカーにして、格闘にも長けるダークヒーロー、リスペットが活躍する「ドラゴンタトゥーの女」待望の続編。


原作は「ミレニアム」。4作目の映画化。原作者は3作を上梓したところで他界。作者を変えての4作目。私は3作まで読んでいる。


映画前作は007のダニエル・クレイグ、リスペットにルーニー・マーラーが出演。監督はデビット・フィンチャーで超スタイリッシュな作品。めっちゃお気に入り。続編も早々と制作が発表され、今か今かと楽しみにしていた。


ところが、役者の出演交渉のドタバタなどもあって、制作は延び延び。結果、原作者のほか、役者、そして監督まで総入れ替えの新作となった。


そんな本作。原作2、3作ではリスペットは実父やバケモノの兄と戦っていたが、そのあたりに触れていないし、唐突に双子の妹が出てきて違和感。


要するに映画は原作2と3をすっ飛ばして4ってことか。たしかにフランケンシュタインのようなバケモノの兄は原作でも荒唐無稽だし、配役も誰がやるんだろうと思っていたけど、映画だけ観るならこの方がすっきりする。


映像はあいかわらずスタイリッシュで、アクションもスケールアップしてるので、これはこれでありだ(笑)。


http://www.girl-in-spidersweb.jp/sp/


IMG_0315

なんとなんと重厚なドラマなのだろう。ロッキーシリーズをリアルタイムで見続けた者にとって、シリーズの厚みがハンパない。ゴットファーザーシリーズみたい。最高!!!


FullSizeRender
ところで映画館である方にばったり。「なにを観るか当てましょうか?「クリード2」でしょ?!」(笑)。


・・・なんでわかったんだろう?(笑)。


http://wwws.warnerbros.co.jp/creed/index.html


IMG_0243

某所にて観賞。めっちゃよかった♪。


俺様の友達にも陽気な主人公に似た日本一元気な障碍者がいるんだよねー(笑)。


http://bananakayo.jp/


ところで、この施設の駐車場が大渋滞で観賞時間に間に合わず。チケットはすでにネットで予約、支払いも済ませている。本編は10分も過ぎている。窓口で払い戻しができるかどうか試しに聞いてみた。すると「本来はできませんが、対応します」と快い解答だったので、そのまま観賞。もし、できませんと言ったら話が長くなりそうだったんだけどねー。thank you。


IMG_0227

新春一発目の映画はこれだ!


浅〜いストーリーを、ガガのマンパワーで持っていく力技(笑)。


マドンナや矢沢などのスーパースターが演じる場合、どうしても役より本人の個性が前に出てしまって物語が引っ込む感じになりがち。同じくスーパースターのレディガガ。そんな懸念もありながらの観賞。ガガは個性を抑えた演技で気にならなかった。それでも、この浅いストーリーをちゃんと引っ張るあたり、ガガのマンパワーを感じずにいられなかった。それこそ、原題の「STAR IS BORN」なんだろう。


http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


IMG_9588
アメリカ、メキシコ国境でのCIAと麻薬組織との攻防を描いた前作。エグい内容とスタイリッシュな映像が刺激的だった。

その続編。ちなみに奥さんはこの系統が苦手なので、私一人で観賞。

今回のCIAはカルテル同士を抗争させるため、一方の手口に見せかけ、相手方ボスの子供を誘拐する作戦。作戦は上々だったが、裏切ったメキシコ警察官を多数殺してしまい、国家間のトラブルに発展。アメリカ政府は作戦の中止を指示。梯子を外されてしまったCIAジョシュ・フローリンと、カルテルに家族を惨殺され復讐を誓う元検事の殺し屋ベネチオ・デル・トロ。

証拠を消すために人質の子供を殺そうとするフローリンと、殺された娘とイメージを重なり守ろうとするデル・トロが対立。

本作に登場するCIAは目的のために手段を選ばず。超エグい。ほとんど犯罪組織と変わらない。

でも、最後は互いのプロとしての信頼関係と友情を選択する。

オトナの男がシビれる作品。

シリーズは三部作の模様。完結編も期待。




このページのトップヘ