バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 映画



2016年キネマ旬報邦画第1位。その他諸々の評判を聞いて観賞。


じーんときますね。よかった♪。


追記:クラウドファンディングで一般から七千人の出資者を募る。新しい制作形態。

https://www.makuake.com/project/konosekai/

様々な分野へ刺激になりそう^ ^。


http://konosekai.jp/



七人の侍のリメイク西部劇。ならず者から町を救うメインストーリー以外はわりと自由な設定。竹千代がインディアンというのば妙案。

デンゼル・ワシントン、イーサン・ホークの「トレーニング・ディ」コンビが良い。当時は若者だったイーサン・ホークが伝説の狙撃手としていい味を出している。対照的にデンゼル・ワシントンは年を重ねても雰囲気がほとんど変わらない。

私的にはあまり好みではないイ・ビョンホンも無口な暗殺者はハマリ役。

七人の依頼主は夫を殺された女性。共に戦うならズボンを履けと注意されたが決戦でスカートだったのはなにか意味があったのかな。

とにかく、銃を抜くか抜かないかの間がスリリング。男子はシビれる一作。



休みをいただいて2日連続の映画観賞。

観たかったのは遠藤周作原作、マーチン・スコセッシ監督の「沈黙」。162分の大作なので、気合いを入れていってきた。


信仰に命を懸けられるか。奇しくも米国トランプ新大統領が誕生し、ビジネスに重心を置く世の中になりそうなだけに興味深いテーマ。途中、睡魔に襲われることなく、手洗いに立つこともなく緊張感を持って一気観。

ちなみに俺様に、踏み絵に命を懸ける根性はないね。


http://chinmoku.jp/

このページのトップヘ