バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 映画

IMG_1289

さあ、これから心を燃やすぜ!!!

IMG_1288

俺様は3度目、奥さんは5度目の乗車(笑)。
IMG_1287

このドリンクホルダー欲すぃー♪

PS.観賞後。脳は現実と想像を区別できない。臨場感のある方を現実と認識する。原作はもとより、アニメ、声優、音楽、そしてIMAXの組み合わせの臨場感はハンパない。脳をめちゃめちゃかき回されてる感覚。2020年映画私的No. 1はこれだよ^ ^


IMG_1291

飲食店もこれでいいんじゃない?



IMG_1184

2021年初映画。私のチョイスはこれ。

もし、なにかを犠牲に願いが叶うとしたら・・・。

舞台は1984年のバブル前夜。私もブランドスーツを纏い調子こき始めた頃(笑)。新しくも懐かしい感覚。ラストにサプライズで元祖も登場。

DCシリーズはダークな作風で苦手。MCUがドラクエ的なら、こちらはファイナルファンタジー的。その中でもアクアマンとワンダーウーマンは陽気なキャラクターで楽しめる。

ちなみに、奥さんは「鬼滅」の四回目^ ^b

https://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/



IMG_0517

オリジナルを忠実にリメイク。物語、格闘シーンなどオリジナルを上回る出来。欲を言えば横浜流星がさわやかすぎる点、役的にはもっとやさぐれていてほしい(笑)。


プロ格闘家やイサミのアイテムが登場、場所も新木場だったり、元極真横浜流星のハイキックの切れなど、格闘技関係者も注目の一本^ ^

https://gaga.ne.jp/kiminome/









IMG_0462
IMG_0463



ポップコーン撲滅勝利宣言。悪は滅びる(笑)。


PS.映画はグリコ森永事件をモチーフにしたフィクション。現実の事件はいくつかの脅迫状などが公開され劇場型犯罪として記憶に残る。その中に子供の声によるものがあった。本作はその子供たちを中心にしたヒューマンドラマを描いている。


実際に彼らがもし生きていたとしたらこの映画のように30〜40代と思われる。彼らの証言が得られたなら未解決事件の解明につながるだろう。


https://tsuminokoe.jp/sp/index.html



IMG_0464

image
image

「詩が良いだけでもダメ。メロディーが良いだけでもダメ。なにかとなにかがピタッと重なったら1+1=2じゃなくて4にも5に化ける。楽曲って凄いよね」(by矢沢永吉)

アニメになって、声優たちの演技と音楽がついて、すべてが掛け算的に作用し原作の魅力を何倍にも増幅している。

ラストのバトルは映画史上に残る大迫力!!!

image

三回目観賞。スパイ映画大好きノーラン版007。

ネタバレ解説を散々見ての三度目の観賞なので、よくわかった。

よーく、見ると矛盾箇所も多いんだろうけど、そこは「考えるな、感じろ」で(笑)。

とにかくこんなややこしい内容の映画を大ヒットさせるあたりに監督の圧倒的手腕を痛感するのだ。

image

テネルカード?^ ^



image

リピート観賞。ネタバレ解説を見まくって臨んだだけに難解箇所が紐解け、めっちゃおもしろかった♪

古典的映像技術の逆回しを使って近未来戦争を描く。

時間順行組と逆行組が入り乱れて争う、ややこしい話をちゃんと商業ベースに載せ大ヒット、多くのファンにリピート観賞させるあたりノーラン監督の手腕は凄いね^ ^

PS.ハリウッド映画はアメリカ方向性を示唆していると考える。昨年まではやたら(無駄に?)中国人が登場していたが、本作はインドが舞台となった。

image

「カメラを使えば時間を視覚化できる」

時間の魔術師クリストファー・ノーラン。

「インセプション」では夢の中の多重構造、「ダンケルク」では陸海空の時間軸、「インターステラー」では宇宙空間での時間進行のズレを描いてきた。

本作での魔術は時間の逆行。

以前からある映像トリック、フィルムの逆回しってやつ(笑)。

よくあるドラえもんのタイムマシーンとの違いは10年前に戻るには10年かかるということ。ワープではなく、逆行なのだ。

物語は人類滅亡を防ぐため、アルゴリズムなる機械の起動を止めるという単純なものだが、そこは時間の魔術師ノーラン監督作品。主人公たちが時間を逆行したり、戻ったりとややこしいことこの上ない。ネットのレビューにあるように初見ですべてを理解するのはほとんど無理(笑)。

でも、必ずリピートしたくなるのもノーラン監督の技量。

CG全盛のいま。なるべくリアルな映像で勝負するノーラン監督。

本物のジャンボジェットを飛行場に激突させるシーンは凄すぎて笑ってしまった。

とにかく見たことない映像が脳を直撃する。劇場へ走れ^ ^

観賞後、様々なネタバレ解説で復習。

初見のモヤモヤを解消にリピートにいくつもり、すぐに(笑)。

image

IMAXカメラ大好きなノーラン監督。IMAXの大迫力映像、音響で堪能すべし^ ^






このページのトップヘ