バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 書籍

IMG_6161


「あなたの現在の状況は、かつて子供の頃に起こったことが原因だと言う人があるかもしれません。
もし、それがその通りだとしたら、なすすべはありません。
子供時代を実際に繰り返すことなどできないからです。

しかし、
記憶に関しては話が別です。

過去にさかのぼって当時の記憶をよび起こし、必要であれば修正を加えることができます」

「あるできごとが気にいらないというのは、それがあなたの頭の中では、まだ完了していないことを意味します。

ですから、

記憶をよびもどして修正し、気にいるようにけりをつけてやればよいのです」

「こう考えると、完了したできごとなどというものはあり得ないことになります。過去のできごとを記憶、信念、理解といった精神的な活動を通じて、次の日へともちこしているだけで、すべて現在進行形だといえましょう」

「ですから、

このような精神の働きについて深く理解が得られれば、気にいらない場合はいつでも修正することができるわけです」

(「神経言語プログラミング」より)

▼▼▼

そうかー、「記憶」も「現在進行形」なんですねー。なるほどー。勉強になります♪

記憶もコントロール可能ならば、これも柔術に違いない^ ^


IMG_6258
IMG_6270
IMG_6269
FullSizeRender

▼▼▼

白鵬「人間というのは危ないと思った瞬間、脳をフルに集中させる。すると周りがスローモーションに見える瞬間が起きる。交通事故にあった方はこの感覚がわかるのだと」

宇城「危険にさらされた場合、その状況を的確に判断するために、いわゆる脳が超高速回転になる。それでゆっくり見えるらしいんですね」

▼▼▼

このスローモーション体験は私も5、6回経験している。やはり命の危険があった時であり、意識的には起こせない。

IMG_5959

医師であり、ランナーでもある陸士コーチの本なので取り寄せてみた。

内容は私の注目しているピリオダイゼーションであり、疲労リカバリーについてページを割いていて勉強になった。

競技や種目が競技が異なっても、人間が対象ならばすべてに共通する原理があるよねー^ ^


IMG_5630


【意識は同時に一つのことしかできない】

某達人のある技が不思議でしかたない私。

某トレーナー曰く
「早川さん、それは催眠術ですよ!」

たしかに、私もそう思って、直接たずねたが、

「そんな暇あるか!」と某達人。

これらを紐解く鍵となるかもしれないのは、いま研究中の言葉の力。思えば某達人に技をかけられる直前にも会話していた。

「いまから気を通すよ」

その一言に意識がいけば・・・。

私にとってもこれも柔術。興味は尽きることがない。



このページのトップヘ