バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 書籍

IMG_0694
「ユーヤさんが人のことどうこういうの聞いたことがない。オレはオレ、テメエはテメエで勝手にやれってなもんでしょう。人の悪口を言ったことがないのよ。そこが好き。男はそれでなくちゃね」

「ああいうチャランポランな人(内田裕也)がとにかくこういう届け(離婚届)を出したことは、ひとつの進歩だと思うの」

「練習して、試合でいいプレーをしてと、本当にそれだけを思いながら、この1年を過ごしてきました。試合に出られなかったときは、悔しさが体中からにじみ出てくるから、その悔しさをまた練習にぶつけて、次の試合に向けて準備をしていく。そんな作業をこれまでとまったく変わらず一年間続けてきたつもりです」

「よく、ここまでやれますねとか、つらくないですかと言われるけど、別に僕だけが大変なわけじゃない。僕は好きなサッカーをやっているんだから」

「落ち込んでいるとか、モチベーションを落としているヒマはないよね」

「自分自身、まだまだ甘いし、弱さもある。そういうものを克服するために努力している」

「引退したいと思ったことは一度もないです。だいたい引退して僕が何をやるの?廃人だよ(笑)」


KING カズ、あまりにグレートだ!!!


IMG_0506





IMG_0502
「ナイフは音がしないため、「ナイフ!」と叫び、脅威の発生を周囲に知らせることが非常に重要です」


「ナイフ格闘になってしまうと訓練を受けた人間でも無傷で済むことはほとんどないと思います」


IMG_0459

IMG_0460
IMG_0461
IMG_0462
IMG_0463
IMG_0464
IMG_0465


避難訓練(セルフディフェンス)を考えるなら刃物にも慣れておくべき^ ^


amazon Kindle版で読む。ラインも引けて結構便利かも。

FullSizeRender
「見つからなければやられません。発見イコール死を意味します」

「敵からどのように見えるか常に意識していると、どうすれば見えにくくなるかもわかるようになります。そうすると見えなくなる工夫の仕方もわかってきます。この意識を持っていない人はやられます」

「敵との距離が近いか、遠いかよりも、存在を認識されるかどうかが重要になる。人間は動くものに敏感に反応するとともに、人間のシルエットを一瞬でも見たら、脳は人として認識します」

「たとえ見えていても、頭の中で人間と認識せず、見えていない状態に陥る」

「(装備により)輪郭がぼやけているため、人の輪郭として認識できないこと、靴が靴と認識できないことと、顔が人間の顔として認識できないため、目で見てはいても、人がいると頭の中で処理されない」

「人間は、現代社会を生きていく中で、知らず知らずのうちに自然界に生きている動物としての目の使い方を大きく変えてきました。人は話す時、人の目を見て話します。行動する時も、行動の対象となるものに目の焦点を定めて行動します。
カニをつかもうと思っただけで、カニを動きを感じ取られたのはなぜでしょう。その答えはつかまえるために見つめたことによって、カニに視線を感じ取られたからです。
物の見方は相手に焦点を合わせる「トンネルビジョン」と、全体をボーっと見て焦点を合わせない「ワイドアングル」とがあり、使い分けができないと、これだけでペースラインが崩れたと自然界の生き物は感じます」

「ベースラインとは、いつもそこにある状態や雰囲気のことを指します。例えば、ふだんめったに人が来ない場所に人が入ってきたら、いつも人かいない状態から人がいる状態に変化します。これをベースラインが崩れたといいます」




IMG_9894
誰もが持っている「能力」。それが他人に認められると「才能」と呼ばれるようになる。

「どんな人であっても、結果が出たら「元がいい」「地アタマがいい」と言われ、結果が出なければ「もともと才能がない」と言われる」

「人は結果しか見てくれない、結果からしか判断しない」

「面白いことに「いい結果」が出ると、その人の過去にやっていたことが、“すべて”ポジティブな見方で捉えられるようになってしまいます」

「ビリギャル」で有名な塾の先生の著書。

「僕に言わせれば「本当の成功」というのは、「100年かけても達成したい」と心の底から思うものを見つけることや、そういう思いを分かち合える仲間を見つけることです」

ならば、私はすで成功している、完璧に!!!(笑)。

才能の正体 (NewsPicks Book)
坪田 信貴
2018-10-17



IMG_9963
安倍長期政権を支える菅。要職にありながら、失言、放言など皆無。まさに最強レベルの軍師ではないか。

「いい政治というのは国民生活の片隅にあるものだ。目立たずつつましく国民の後ろに控えている。吹きすぎて行く風ー政治はそれでいい」(by田中角栄)


IMG_9677
佐々木さんの著書。

30才を過ぎると若い頃の減量は上手くいかなくなる。50才にもなると体重は増えはするものの、減る方はビクともしない(笑)。

そんな時にFacebookで佐々木さんを知って、その手法を試す。それで体重が変化するようになった。

その根本は基礎代謝を下げない、もしくは高めること。

私にとって目から鱗は、疲労を回復しなければ基礎代謝が下がるということ。

疲れていると基礎代謝が下がる。運動のやりすぎも体重が落ちなくなるのだ。

それで日課のエクササイズを毎日やるのをやめた。でも、体重は増えない。身体は軽快。

もう一つは食事。不規則な食事、栄養不足も基礎代謝が下がる。

朝食抜きだったのを軽めに摂るようにした。三食後に少量のオレンジを口にしている。私の場合、ビタミン不足で消化も上手くいってなかったようで、特に飲酒の翌日の体調が劇的に変わった(笑)。

FullSizeRender
FullSizeRender
もっと早く知っていれば^ ^:。オススメです!

このページのトップヘ