バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 書籍

IMG_1357
「僕が毎年、春に苦しむのは“いかに目を使わないか”を求めるから」
「ボールを目で追うと、体が緊張してしまう」
「目で追うとどうしても始動のタイミングが遅れます」
「目ではなく体でボールを捉える感覚は、残念ながらゲームの中でしか作れない」


IMG_1257
なぜ韓国は「反日」なのか、韓国人ジャーナリストが検証していく。

そして
「現在の韓国社会の「反日」は「新しく」「人為的」に作られたもの」としている。

「1、日本統治時代経験者よりも戦後に生まれた世代にこうした事柄を元にした反日感情が顕著。
2、1945年以来、数十年の間には、存在していない「新しいクレーム」。
3、韓国は同じ事柄でも、相手によって優しい反応を示す時と厳しい反応を示す時がある。すなわち、その対象が中国、北朝鮮、左翼団体、左翼勢力などであればクレームはまったくといっていいほど起こらない」

「河野談話の検証作業について、韓国と日本の左翼は「歴史修正主義者」と激しく反発したが、記事や論文が参考、引用した一次資料が誤りと判明したら、その説得力を失い、検証され、修正されるのが常識である。むしろそれに歴史修正主義とレッテルを貼る行為こそが、学問と思想の自由を脅かすファシズム的行動ではないだろうか」と警鐘を鳴らす。

FullSizeRender
軍艦島の捏造写真。

FullSizeRender
アシカの絶滅危機も日本?!

FullSizeRender
FullSizeRender
竹島の合成写真。

IMG_1265
中国は「日本海」と呼んでも抗議されない。

FullSizeRender
旭日旗をイメージさせると猛攻抗議されるが、

FullSizeRender
されない方もいる。

FullSizeRender
「韓国が「より古く」「より少ない」被害を与えた日本に対し、「より新しく」「より大きい」被害を与えた北朝鮮によりも「大きな」怒りをあらわしていることは、韓国が「被害者」としてのダブルスタンダードを持っていることを示している。また韓国の「反日」が「自然」ではなく「人為的」だという証明でもある」

さらに、

「1、当時の朝鮮人は内地(日本)に仕事にしに行くことに「憧憬」を抱いていた。
2、金を稼ぐために日本に密航する朝鮮人が後を絶たなかった。
3、(日本側)当局が密航の阻止、取り締まりに頭を悩ませていた。
4、密航が摘発された場合、密航者は朝鮮に送還されていた」

二つの疑問として
「果たして日本は内地に朝鮮人を強制連行する必要があったのか」
「奴隷のような生活を強いられる内地に密航していくほど、朝鮮人は愚かだったのか」

「私が見つけた資料と確認した記録を見る限り、私の先祖たちはそんなに弱い人たちではなかった。彼らは自分の権利と利益を守るため抗議する時は徹底的に抗議をし、上司や監督と揉める時も怯むことはなかった。殴られたら殴り返すくらいの根性もあった。なにより経済的な利益に敏感で、少しでも待遇がいい職場を探して引越しをし、時には脱走も辞さなかった」

「現在の韓国社会の「反日」は「新しく」「人為的」に作られたもの」であり、マスコミや教育が主導している。

これらの教育を受ければ誰だって日本に嫌悪感を抱くのが当然である。

では、なぜ「反日」を煽るのか。

日本と韓国がケンカして得するのか誰か。

私的には腑に落ちる内容。一読をお勧めします。





IMG_1167
「やはり空手というものは本来武術なんですよ。だから、それが実戦に使えないものだったら意味がないんです。今の沖縄空手は30年40年やっても型が上手になってるのであって、実戦で強くなってるとは言い難い。武術としての骨組みはあっても、肉付けがされとらんのです」(by上原恒)


「空手の先人たちが積み上げてきた武の結晶である形を学ばなければ、空手であって空手でない我流のものになってしまう」(by中達也)。

「私は打撃にしても最小限の動きで打ったら必ず効く急所を狙います」(by宮平保)。

「人の体の作りとその反射を知っていれば原理がわかる」
「現代では闘いそのものにルールがあるので、そこに対処するだけ」(by山城美智)。

それぞれの切り口で空手を語る。これも空手の懐の広さゆえと感じる。

柔術の取り組み方も、競技があれば、ライフワークもあれば、セルフディフェンスもある。これも懐の広さなのだ。


IMG_1096
「昭和」が「激動」の時代なら、「平成」は「激変」の時代だったと指摘。

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と呼ばれた1989年。企業時価総額世界トップ5社は日本企業であり、ベスト20にも14社が入っていた。
2018年、同じくベスト50に入っている日本企業はトヨタ一社のみ。

トップの企業の顔ぶれはがらりと変わり、いまはIT関係が上位を占める。

第4次産業革命とされる。

「スマホは画期的で歴史的な役割を果たした。これは電話ですよと騙して、みんなが携帯できる小型のパソコンを持たせた。スマホがデジタル・ネットワークへの入口となってビッグデータも蓄積され、それを活用して新しい時代が開けていく」(by堀江貴文)

日本はバブルがあったとはいえ、平成に成長するチャンスはあった。その足枷となったのは、既得権者の様々な規制としている。

時として、過去の成功体験は成長の妨げとなる。

日本は昭和初期の敗戦のドン底から、世界史的にも稀な脅威の復興を成し遂げた。

日本は既得権勢力の列強に勝負を挑み、戦争で完敗したが、経済で世界トップに辿り着いた。

著者は日本の国力の高さを評価する。

そんな日本が平成に取り残されたのは、フロンティアスピリットの欠如ではなかったか。


PS.私は末端ながら、バブル時代も経験している。土地が倍々ゲームで値上がりしたのも驚きだった。一方で土地は「絶対値下がりしない」神話もあった。

バブル真っ只中にいる時に、それがバブルであるかどうかは認識できない。バブルを予見できた者は著者を含め、皆無であった。

当時、金余りの日本はロックフェラーセンターや有名な絵画を高値で手に入れていた。歴史にもしは禁物だが、その金を新たな産業の開発に投入していたら、「失われたウン十年」はなかったかも。

「最も強い者が生き残るのではなく。最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」(byチャールズ・ダーウィン)









IMG_1088
IMG_1089
先日、名大病院のコンビニで見つけたが、さすがにこの大判を待合室で広げるには度胸が足りなかった^_^;。その後、見つけられず、取り寄せた。

そもそも、バキを全巻持っている俺様にいるんだろうか(笑)。




このページのトップヘ