バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

カテゴリ : 書籍



お気に入りの一冊。文庫本購入時に処分した単行本だったが、文字が大きく読みやすいので買い直した(笑)。これから、このパターン増えそう^^;。

ジブン濃度を薄める。主張は納得できる。のちにTVで著者を拝見するが、そちらは微妙だった(笑)。





「気」は現時点で科学的にその存在を証明されていない。受け取り方、感じ方は千差万別。

一度、先入観を捨て、ニュートラルな気持ちで読む。

そして、感じるものがあった。

「先」

「時間の中のスピード」

「衝突」

「対立」

そういえば近頃の私は衝突しまくってたな^^;。対立構造は力みを産む。ハッとさせられた。

ちなみに「愛」や「おもいやり」は科学的に数値化できない。でも「愛」や「おもいやり」の存在を否定する人は皆無であろう。「気」もそれに近いのかも。





大東流合気柔術六方会の達人、故岡本正剛師範の古参弟子による解説本。合気の科学的検証もさることながら、岡本師範の人となりを感じさせる一冊。

岡本師範は私が最も尊敬する武術家の一人で、一度だけ指導を受ける機会に恵まれました。厚顔無恥な私はいつも通り、ズケズケと直線的な質問をしていました^^;。中でも強烈だったのが、

「多人数掛けは打ち合わせをするんですか?」

これ、一歩間違えると八百長を疑ってると受け取れなくもない、いま考えても不躾で赤面ものの質問です。気分を害しても不思議ではない状況なのに岡本師範は激怒するどころか、柔らかな物腰のまま、こう答えられたのです。

「あー、最初は打ち合わせするんですがね〜、私、頭が悪くて順番が憶えられないんですよ(笑)」

相手の意見に添いつつも、遜りながらユーモアを交え、やんわりと主張する達人。私が一遍に大ファンになったのは言うまでもありません。お昼休憩のおよそ一時間程、二人っきりでお話を伺うことができました。貴重な体験をさせていただいた岡本先生、そして六方会のみなさんには大変感謝しています。

「大東流の足運びに「お能」が役立ちますね。でも、私は「能」をやってません。能なしなんでね(笑)」






CARPE DIEM石川さんがサイトで紹介していたので、読んでみたらおもしろかった。要するにスパッといけということだ。なにかに踏ん切りがつかずモヤモヤしてる方にはオススメだ。5分くらいで読めるしね(笑)。



日本ブラジリアン柔術連盟の機関紙。回を追うごとにグレードアップ、読み応え十分な内容。

本号は表紙背表紙にチームのロゴをデザイン。日本B柔術黎明期から活動するNBJCのロゴは残念ながらなし。これは私の努力不足。メンバーにはお詫び申し上げる次第^^;。


このページのトップヘ