食べすぎは消化で内臓に負担をかけ、循環器系トラブルの元になる。
一方、食べなさすぎも栄養不足から抵抗力が下がり、病気にかかりやすくなる。
食べすぎと食べなさすぎの間が適量となるが、そのストライクゾーンの幅は狭い。
見極めはお腹の軽さとお通じで行う。