「よく選手が試合前にちょうどいい張りがあるといいと言うが、これは張りがあることにより反発が良くなるからだ。
反対に筋肉が緩みすぎているとこの反発が起こらないので、バネがない状態になってしまい速く走れない。
マッサージを嫌がる選手がときどきいるが、このちょうどいい筋肉の張りがなくなってしまうことを恐れているからだ。また、張りがあり過ぎてもそれはそれで古びたゴムのようなものでうまく反発できないし怪我の恐れもある。
私にとってのピーキングの鍵となる部分は、筋肉の張力の調整だった。良い状態の筋肉は、張りがある硬いゴムのような状態だった」(by為末大)

武術や相撲などでは走ることを慎むような教えもある。なぜか、その理由を長く研究している。おそらくこれも一つの要因と考えられる。



歩行やランニング時は身体を浮かせた方が楽に進める。しかし、そのために地面を強くキックしていては脚を素早く動かせないし、筋肉疲労が蓄積する。反対に脱力すると早く動かせるが身体が沈んでいってしまう。
この矛盾について、筋肉の伸長反射の利用は地面を強くキックすることなく、バネのように効かせ、身体を浮かしながら素早く運べる。
これにある程度の筋肉の張りが必要となるのは納得。特にふくらはぎ。



武術では身体を沈めたいので、地面をキックしたり伸長反射による浮きを控えたいのではないだろうか。ただし、沈めたいからといって寄りかかったりぶら下がったりすると相手からの抵抗を引き起こしやすいので、ここはややこしいところだ(笑)。