修行の過程を示すとされる「守・破・離」

私の理解は

守→セオリーを学ぶ、守る。
破→そこから個性がでる。
離→セオリーから解放される。

セオリーから解放され、自由自在を目指しているが、

私はまだまだセオリーを学んでいる段階。かろうじて個性が生じる程度であり、離は程遠い。

いまだ術理の大海の水辺に戯れる子供に過ぎない。