「遺憾は怒ってないよ」と以前、ある著名弁護士に教えてもらった。

遺憾とは他人がやっていることを第三者として良くないと思う時にする表現。

だから、当事者として良くないと思う時は明確に「非難」すべき。

同じく自分が謝罪する際の「遺憾」も謝っていない。

そんな主旨だった。

解釈が変わったのかな。

PS.思い出した。JC講師として来名した中坊公平だ。

さらに追記

政府抗議レベルの諸段階。

レベル8:強く(断固として)非難する
レベル7:非難する 
レベル6:極めて遺憾だ 
レベル5:遺憾だ
レベル4:深く憂慮する
レベル3:憂慮する 
レベル2:強く懸念する 
レベル1:懸念する

レベル8は、
2001年 : アメリカ同時多発テロ事件(911)
2015年 : ISILによる日本人拘束事件