先日のNBJCピラティスクラスで脚を長く使うコツがわかった。それは骨盤底筋群の操作。

IMG_8091


私は脚が外転傾向にあり、この休みを利用して矯正中だったが、さらに大きなヒントになった。

肋骨の操作により腕を、骨盤及び骨盤底筋群の操作により脚を、そして脊柱の操作により体幹を長く使う。

長く使うのは筋肉の緊張のリリースになるので、永く使うのにもつながる。

さて、身体は数多くの骨と筋肉からなる。それらのブラックボックスが一つずつ紐解かれていく。

身体操作のクオリティアップになる。柔術や武術の各動作の解析力もアップする。

技術は無限だ。