某イベント。県は自粛要請。やるやらないは主催者判断。そしてイベントは実施。すると首長は残念と表現。だったら中止を強制すべきではないのか。

誰もが責任を取りたくない、いまの風潮。少なくとも主催者、オーディエンスは自己の責任で決断したと思う。それは覚悟と呼べるかもしれない。

もちろん感染拡大やクラスター発生を警戒するのは言うまでもない。ベストは人と会うのを一切控えることだ。でも、それでは社会が行き詰まる。感染リスクが去らない限り、どこかで折り合いをつける日は来る。その引責を市民にさせるのはどうかと思う。

客観的には、この時期の大規模イベントは中止が妥当に違いない。でも、開催までに至る労力、思い、そして損失を考えれば、やるにしてもやめるにしても苦渋の決断を迫られるのは想像に難くない。

仮に東京オリンピックを中止にする場合も、当事国日本から自主的に切り出すことは容易ではないだろう。

とまれ、試合は熱戦の連続。選手たちの頑張りに感動した。

一方、報道では普段は報じないNHKまでもスポーツニュースで競技内容ではなく、開催の是非を報道。

懸命に戦った選手たちが不憫でならない。