一方、競技は勝ちにいくべきだ。


柔術は負けない武術的側面と、勝利を優先する競技的側面が車の両輪であるべきと考える。