IMG_1824
競技推手葛西先生の著書。

護身について定義するのは難しい。

一般には路上で絡まれたケースが多いと思う。

グレイシー柔術やNBJCでもセルフディフェンスを解説するが、それは積極的に戦えという意味ではない。

そもそも治安の悪そうなところに近づかない。

挙動不審な人物に近づかない。

もし、絡まれても謝る。逃げる。

エスケープするすべての選択肢が間に合わない場合の最後の最後の手段がセルフディフェンスとなる。

さらに対応する場合、基本的に素手で立ち向かわない。

この本は未然に防ぐための工夫が綴られている。元刑事の葛西先生ならではの視点満載です。

生兵法は怪我の元。

とある武術の練習会で参加の女性からおもいっきり技をかけてくださいと頼まれ対応に困ったこともあります。

「「試合と実戦は違う」という声もありますが、わかりやすい目安という意味では試合というルールや防具のある制限下でも通用するくらいの技術と身体スキルがないと、実際に制限のない状態で余裕を持って相手を制御することは難しいと考えた方が良いでしょう」

全力でかかってくる人間。さらにテンパって狂人と化した人間の攻撃ってハンパないですよ。

それだけに事前準備、予防が大切。

まさに「ファンタジーを捨てろ!!!」です。