IMG_2028
大阪弁天町駅で中国武術高柳さん、システマ中原さんと合流。

IMG_2029
歩いて5分。会場到着です。

FullSizeRender
競技推手講習会。講師は板野先生。

まずは基本の推すことから開始。斜め下、水平、肩の極めなどなど。

接触点の圧を変えないのがポイント。

そもそも「推す」ってどういうことか。

推すなんて一見、簡単なようだが、実は推せていないことに気づく。

相手と衝突した箇所で力が止まっている。

ここで要求されるのは常に圧が加わっていること。

この感覚が難しい。

さらに力の方向を合わせなければならない。

私の場合、身体の進む方向と腕、接触点の手の向きがバラバラになっている。

接触点も適切な圧を要求される。軽すぎず重すぎず。

綺麗に決まるとふわっと崩れる。

これはおもしろい!!!

実戦形式で練習。

最初の「推し」は少しできるようになったが、そのあとが続かない。もたもたしていると相手は立ち直ってくる。そこからは力勝負?!。それを「わがまま推手」と呼ぶそうだ(笑)。

板野先生と手合わせすると接触した瞬間に様々な方向に崩される。まさに一瞬だ。

これは見事。余談ながら、先生は大きな体ゆえ力任せと誤解されてしまうのが悩みらしい(笑)。

人体の反応は速い。それを捉えなければ綺麗に崩すことはできない。

崩しのヒント満載の競技推手。

これからも研究を続けていきたい。そして練習し、来年の全日本にもチャレンジしたい。

板野先生、参加のみなさん、一日ありがとうございました^ ^