IMG_1060
「素手の格闘も、ナイフも、銃も、すべて構えは同じ」

「戦闘可能な距離が変化するだけ」

「鉛は拳の延長」

「ガンハンドリングができない部隊は実戦では戦えない」

「戦闘現場では、敵なのか、ただそこにいる民間人なのか、武器を持っているのかいないのか」「一瞬で見分けなければならない」「射撃の必要性を判断する認識射撃を、しっかり身に付けておかないと、敵か味方か、撃つか撃たないか迷ってるうちに、やられてしまいます」

「戦闘とは想定外の連続」「同時に六つの状況が現れて頭が真っ白になってしまったら、ひとつひとつ処理していくことです」「対処していく順番は、もっとも危険なものからです」

「死ぬよりいいじゃないですか」

「電動モデルガンでできないことは実銃でもできない」

「休まないと集中できないのでは、戦闘に耐えられない」

「戦闘や射撃のための技術も大切ですが、判断基準や座標軸がしっかりしていてブレないようになると、人生や戦う姿勢がきちんとなります。そうすると、高い価値観が養われ、高い吸収力と定着度が身に付き成長していきます」