テンション(緊張)は相手にとって手応えになり、抵抗を引き起こす。

システマで、テンションを呼吸で分散する、痛みなどに集中しないと教えてもらった。

先週からスパーリングで、あえて柔術の肝でもあるポジションを取っ払ってテンションを消す練習をしている。

サイド、マウント、バックコントロールされた状況でテンションを呼吸で分散できるか。そういえば、ヒクソンも子供の頃に絨毯に巻いてもらってストレスと向き合う練習をしたというが、こんな感じなのかも(笑)。

さらに対関節技やチョークとなると難易度高い。何度もタップしている。ギリギリどこまでエスケープできるのか、道を探る練習でもある。

かなり脱力しているけど、けっしてやる気がないわけではないので、しばらくご容赦(^人^)