技のクオリティーを高める。細部、さらに細部と掘り下げたい。すると基本的なことさえ、不明な部分が多い。ここが伸び代といえる。
あらためて「無知の知」を痛感する。