柔術は誰もが楽しく練習できる。でも、使用している技は超危険だ。関節技は骨格をクラッシュできるし、チョークに至っては死に追い込める。

それでも、楽しく練習できるのは、練習パートナーを信頼しているからだ。パートナーに敬意を払うのは当然だろう。したがってNBJCではパートナーへの敬意に欠ける振る舞いを禁止している。

具体的には「チッ」とか「クソッ」などの言葉、ガッツポーズも控えるべき。

昨夜、あるメンバーが練習中に思わずガッツポーズ(その気持ちはわかるけどね(笑)」。すると練習後、詫びに来た。NBJCは大人のマナーを理解している集団だ。いまやガミガミ言うこともなくなった。詫びる必要なんてなかったけど、その気持ちは嬉しかった。

なんかいいよなー♪