IMG_7078
はじめてやってきた高円寺♪。

IMG_7080
駅から歩くこと数分。スネークピットジャパンに到着。

IMG_7081
二階に上がると「U.W.F.」の文字が目に飛び込みます!

ミーハー気分の私はちょっとドキドキ(笑)。

IMG_7082
扉を開けるとビル・ロビンソンの写真がズラリ。

IMG_7084
宮戸優光先生にご挨拶。

FullSizeRender
今日は八田忠朗先生のセミナー。八田先生は日本レスリング界のパイオニア八田一朗先生のご子息で、1965年全米大学チャンピオン。いまはアメリカで指導しておられます。現在75才。

そんなliving legendの八田先生の指導が受けられるとあって東京まで繰り出した次第。

さて、10時からのセミナーは構えからはじまりました。
脇を締め、つま先重心となります。
前に倒れる寸前で脚を踏み出す。踏み出したら、すぐ次の脚を踏み出す。その繰り返し。踏み出せなくても常に重心を移動させ続ける。
今度は一方の脚の膝を落としながら、踏み出す。そして踏み出した側に骨盤から捻る。
この構え、ステップからタックルを仕掛ける。
そのまま入っては腕などでディフェンスされるため、フェイントや崩しをかける。やはりこのステップが重要。
相手が組手を切ってきたところ、巻き返え、差し返しにきたところに入る。
相手のリアクション、こちらのステップにしたがって両足、片足とタックルを使い分ける。
片足はケンケンさせないためのコツがあって目からウロコ。これはナイショ(笑)。先生は三年間研究を続けて掃除をしている時に閃いたそうです。先生は随所にユーモアを交えて説明してくださいますから、終始和やかな雰囲気に包まれます。

このほかにもタックルの攻防、グランドでのコントロールなどを指導いただきました。先生とも組ませていただきましたが、その組み力の強さは「半端ないって」です(笑)。

IMG_7098
IMG_7097
盛り沢山であっという間の3時間でした。

IMG_7085
セミナー後は八田先生、宮戸先生にサインをいただきました。
プロはTシャツを置かずに両端をおもいっきり引っ張って書くんですねー、これだとたるみなく、文字もシャープになります。これまたミーハー気分になって驚きました(笑)。

FullSizeRender
八田先生、宮戸先生ありがとうございました。とても勉強になりました。

今日は所用でトンボ帰りですが、次回はゆっくりおじゃまして、ビル・ロビンソン伝「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」も体感できたらと思っております^_^。

IMG_7096
※写真の一部は宮戸先生のサイトから借用させていただきました。

PS.
IMG_7092
U.W.F.初期のレアモデル。ロゴの下に線がありません。

IMG_7091
こちらは八田先生がご友人のために作られたTシャツ。