IMG_6749
いま情報源としてチェックしている高橋教授の著書。刺激的なタイトルになっているが、高橋教授の著書はいつもこんな感じ(出版社が決めるそうだ)。中身は骨太な内容。辛口な表現も、歯に絹着せぬ論理的思考は真実に近いと考えている。

幼少期もあきらかに。いわゆる「神童」で教科書は一日で記憶できたそうだ。ちなみに懸命に勉強して東大に入学しても単なる秀才で、神童は受験勉強などしないとか(笑)。

論理的思考には理系の思考が大切で、文系の多い「新聞、テレビに不要に接しないこと」としている。理系の天才が紐解くロジックには一々納得させられる。

消費増税、年金、保険、AIに至るまで理系の視点で切り込む。著者の考えを受け入れるかどうかは別として、一読に値する。

「AIもプログラムにすぎない」