IMG_6268
掛け試し稽古会中部定例会に参加してきました。会場は緑区神の倉中学校格技場。

IMG_6282
打撃を当てるまでを研究する稽古会。基本的に顔面は寸極(寸止めならぬ、「すんぎめ」と呼ばしてもらっている)。ボディはライトコンタクトで2分X45R。

相手にいかに入り込むかを課題にしている私には願ってもない練習です。

この稽古会に参加しはじめて約一年が経過。参加の多くの空手の先生方から教えを受けたり、また課題を持ち帰ってはI師匠と練習をしてきました。

今日もいくつかのテーマを持って臨みました。空間のポジショニング。一つは相手の腕に対して、手首、肘、肩と制していくこと。打撃のコントロールが未熟な私は肩を叩くことを狙っていました。後ろ手で手首を制し、換手して肘を抑えます。今日、上手くいったのはここまで。肩までは入れませんでした。途中、何度も突き蹴りを入れられます。そうしたらこの会のルール「いただきました」と清く頭を下げます。そして再開。

入り込みのネタは一年で多少学習はしたものの、基本的に少ないので、身体の疲労はもちろん、頭も疲れます。

さらに。寸極とはいえ、やっぱり打撃への恐怖もあり、ビビってますから、疲労がハンパないです(^^;。一方でこの緊張感もわりと好きだったりもします(笑)。

今日も課題をいくつかいただきました。また持ち帰って練習です。ちょっとだけ入るルートが見えたような気もします。

学ぶは楽しい♪。

参加者のみなさんに感謝申し上げます。ありがとうございました^ ^。

掛け試し稽古会