IMG_5330

クラス後はI師匠と練習。今宵のテーマはやはり超マイブームの空間のコントロール。


そして、この空間コントロールの練習に掛け試し稽古会は最高なのだ。


稽古会参加当初の私といえば、双推手の要領で飛び込みクリンチするしかなく、同じことを繰り返すだけ。


これでは相手に失礼と思い、そういえばとI師匠に習った八卦掌の歩法を試してみたら、少し上手くいって、いまさらながら武術の術理に舌を巻く。


ところが、相手の周りをぐるぐる回っていては疲れてしまうので、やはりI師匠に相談しセンターを取る練習に入る。ここの術理もおもしろいのたが割愛(笑)。


間合いをある程度取れるようになった。でも逃げているだけで前に出られず、中に入れない。


関西の稽古会では山城先生に距離の詰め方、半身での操作を習った。この術理も割愛。


それで先日の中部稽古会。半身から攻撃を仕掛けられるようになった。攻撃は高久先生に教えてもらった最短距離を狙う。いまのところ直突きと前蹴り、そして忘れた頃に山城先生に教えてもらった後ろ蹴り。


これでも一か八かの攻撃になりそうなので、前フリは長くなったが今夜のテーマ、間合いのポジショニング(勝手に命名(笑))となる。


柔術の特徴はポジショニングにあると考える。有利なポジションから仕掛けることで反撃へのリスクを下げることができる(ちなみに寝技は床を利用した有利なポジション)。これを相手と接触するまで、空間にもあるのではないかと考える。


接触していないので、意識や認識などの操作となる。これはシステマのインターナルワークからもヒントをいただいている。


同じ方向を回るしかなかった八卦掌の転換の術理、芦原空手の解説もいただいた。


ネタが増えるのは楽しいね。


IMG_5331


※画像はイメージです。