高梨沙羅が五輪スキージャンプでメダルを獲った。本当によかった。

彼女の四年前の五輪直後のインタビューはあまりに不憫でならなかった。メダルに届かず「みなさんのご期待に添えず」云々と殊勝なコメントに衝撃を受けた。

彼女は日本代表ではあるが、「日本のために」戦う必要はないからだ。

SPORTSは本来PLAYするものだ。SPORTSやPLAYの語源を調べてもそれぞれ「気晴らし」や「遊ぶ」である。

ところが、日本はスポーツを輸入したのが学校だったりしたので、教育に取り込むために便宜上(?)「精神の涵養」などの理屈をつける必要があったと聞く。学校だってスポーツが遊びだって百も承知だったろう。誰だって気晴らしは必要だ(笑)。日本には武士道(これも後付けなんだけどさ)とかあるので精神性とくっ付けやすかったのかもしれない。

もちろん、スポーツを楽しむ人々がそれぞれに精神性を求めるのは自由だ(精神性を求めてスポーツするのもあり)。でも、強制は違う。

四年前の高梨の殊勝なコメント。十代の彼女にそんなことを言わせてはならない。スポーツは楽しむものだ。彼女はスキージャンプをさせたら日本の女性で一番飛べるから代表になったに過ぎない。ほかの競技や種目の代表も同様。

選手にはスポンサーや協賛、後援など支援の付く場合もあるので感謝するのは当然だ。ただ、支援する側(国にしても)もたぶんに宣伝や広告の目的が含まれているのでギブアンドテイクの関係と言える。

スポーツ選手は「日本のために」プレーしなくていい。オリンピックを観るたびに思う。

そんなこともあって特に高梨は応援した。選手にあんなコメントを言わせてならない。だから、メダルにホッとした。

なんでも日本中が安堵したとか。わかるぞー(笑)。

IMG_5014