手足の届く範囲内にあるから死角。

佐川幸義師範が言葉に残し、ミカエルやU師範の前に立った時に感じた。

具体的にはまだ不明。でも、これも必ず辿りつける。どこだろう。角度、距離がポイントになりそうだ。