38ae8f8a.jpg太田さんを紫帯に認定させていただきました。三日連続で肩に張りがありましたが、おもいっきり帯叩きさせていただきました(笑)。

私が柔術をはじめた1996年当時は青帯すら日本人に数人しか存在せず(それ以上はたしか現JBJJF中井会長が紫帯、現JJFJ渡辺会長が茶帯)、皆が強い色帯を志した時期でした。

いまはちゃんとキャリアを経ていけば誰もが黒帯に辿り着けると思っています。

柔術の存在価値も多様化し競技として、セルフディフェンスとして、ダイエットとして、フィットネスとして、ストレス解消として、楽しみ方や取り組み姿勢は人それぞれです。

そんな中、私はバランスのとれた黒帯になって欲しいと願っています。色帯はその通過点に過ぎません。そして黒帯になるとまた新しいステージが始まります。

柔術は生涯を通じて楽しめる学問なのです。

〜2020東京オリンピック招致プレゼンを聞きながら〜