バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

2024年07月

FullSizeRender


高名武術家のお弟子さんのセミナーに二日間参加してきました^ ^

立ち方、腕や肩の使い方、力みの抜き方、指先や視線、丹田、呼吸の操作など、順を追って指導いただきました。

がっちり掴んで崩すのではなく、接触からふわっと崩す。この感じが伊藤先生とよく似ていて、人体を操作するのは共通するんだなー、とあらためて実感。

一方、丹田の操作は回転方向にわずかな違いがあるように感じました。

武術格闘技は大人の知的好奇心をくすぐる。興味は尽きませんね。セミナーの教えはしっかり練習していきます^ ^



立ち方は馬歩に近いものを感じた。腹圧を高めた丹田の操作は回転方向が違っている。ここは日本武術と中国武術の考え方の違いなのかもしれない。

私には、力を発生する方法の新しいルートの提示であり、とても勉強になった。

FullSizeRender

日曜は大島優磨先生の柔道特別クラスでした。

テーマは「背負い投げ」

組み手基本、崩しの操作、体捌きなど丁寧に指導いただきました。中でも相手の力を利用し、誘導する崩しは驚き。

柔道未経験者でもステップへて習得するプログラムも見事。

今回もありがとうございました。またお招きできればと思っております。

それまで、しっかり練習しておきます^ ^

PS.

IMG_4005


先輩と後輩

FullSizeRender

「「論破」を目的とせず「敬意」を払うことで、意味のある対話が可能になる」


破壊を目的としないジェントルアーツの理念と同じと共感する。


FullSizeRender


「重要なのは「改革に抵抗してくる敵」は「そういう側面」を思い出させてくれているのだ、と気づくことで」「「抵抗勢力の機能」をちゃんと尊重すれば、「進めていく改革」が細部まで配慮の行き届いたものになる」


反対意見は自身の考えの盲点に気づかせてくれる。




このページのトップヘ