実戦のポイントを熟知する者からの指導が大前提で、組み手やスパーリングをしなくても強くなれる可能性がある。