バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

2001年11月


カンペの自分の試合を振り返える。3試合全てが判定だった。Finishへ持ち込むには技術も体力も勇気も足りなかった。中でも一番足りないと感じたのは勇気。SAWの麻生師範がチャレンジカップの総評で「慎重かつ大胆に攻めろ!お前たちの戦いは慎重なだけだ!」と選手達にハッパをかけてたのを思い出す。
強い選手や活躍した選手は共通して失敗を恐れず技を仕掛けていた。私も、あと一歩を踏み出す勇気が欲しい!
次いでに技術も!
次いでに体力も!
(全部かよ!笑)


新しくオープンした名古屋港水族館でイルカのショーを観てきました。
平日にもかかわらず会場は満員。イルカ達は人懐っこくてとても可愛い。水の中をスイスイ進む彼らを観てるとこちらまで気持ちよくなる。こりゃ人気あるはずだよ〜。
イルカ初対面だった私も帰るころにはすっかりファンになっていて携帯ストラップを買うのはもちろんのこと、ショーは二回も観てしまった(笑)
仕事をサボッて行った私より、一日四回もショーをするイルカ達はよく働くのだった(笑)


福住がアダルト青プルーマで見事に優勝!この試合にかける彼の意気込みが実りました!おめでとう!
アダルト白レービィ準優勝の吉田君は柔術の競技ルールが消化できていない状態でよく頑張りました。これで技術を身につけたら凄いことになるでしょう!
え、私ですか?えーっと、ウオッホン、ショボイ試合を連発したあげく決勝で負けてしまいました…トホホ
でも「修行とは出直し出直しの連続なり!」(by姿三四郎)ですから。
出直します(^^)v
試合に負けたメンバーも出直し!出直し!出直しだぜ!!p(^^)q


高田の試合を観て勇気が湧いてきてテンションが騰がってきたーp(^^)q
でも体はボロボロ(T_T)
体はボロボロ(T_T)
でもテンションが騰がってヤル気満々(^^)v


桜庭がシウバに敗れた。
思い起こせば猪木がホーガン(当時は伏兵だった)にブッ飛ばされて以来、日本人プロレスラーで頂点を極めるそうになった者には、その頂点一歩手前でズッコケるジンクスがある。それもトンデモナイ負け方で…。
前田はリングス第一回トーナメントで敗れ、船木はルッテンにボコられ、高田もヒクソンにサクッと極められ、橋本は…まぁいいか(笑)、それぞれが絶頂手前で鼻をポッキリ折られた。これはIWGPで悲願を叶えられなかった猪木がかけた呪いではなかろうか?
ならば次に狙われるのは藤田か?小川か?はたして彼らはIWGPの呪いに勝てるだろうか?


ミルコ・クロコップと引き分け、そして次の標的小川直也に対してノブ兄ィ(高田)が吠えた!本当に勇気があるのはノブ兄ィ!あなただ!ミルコに「高田はチキン」と言わてもノープロブレム!イッツオーケー!どぉってことねぇんです!!…私もノブ兄ィのように打たれ強くなりたい(笑)


の会場の駐車場でT鍛錬所のHさんが「ボクのフェラーリにぶつけないでね(ニコニコ)」。冗談かと思ってたら本当にフェラーリに乗っていた!?いつも時速〇〇〇km位で走ってるそうだ(新幹線か?)!いかすゼHさん!私も乗りてぇー!


桜庭がシウバに敗れ、日本人が総崩れとなったプライド。桜庭で支えていたプライド&総合系イベントの人気もいきなりトーンダウンになるのか?…
否!我々には健介がいる(笑)「油断した!」。橋本もいる。さらにノブ兄ィも「もう一丁!」
シウバに勝てば桜庭もプライドも一気に飛び越せる!ハッキリいって今がチャンスですよ〜(^^)v


「あの(橋本が小川にボコられた)試合の傷がまだ新日に残っている。(俺が)その傷を癒す」と語った佐々木健介!その台本棒読みなセリフ&しかも噛み噛み&おまけに的外れ&有言不実行&でも本人はどこ吹く風でいたってノー天気な感じがドラゴン藤波とダブる。別の意味で癒されそう(笑)
いっその事以前のアンダーティカーみたく開き直って一切喋らず嫁の(喋りはバリバリの)北斗に操られるだけのフランケンシュタインorターミネーター風なキャラクターの方がいいんじゃないのでしょうか?(わかるひとだけわかればいいッス)


唐突ですが最近吠えてますか?仕事中とか練習中とかシャワー浴びてる時とか吠えてませんか?
え、私?
ウオォォォォツ!吠えまくりです(笑)。練習中とかシャワー浴びてる時とか。吠えるとなんだか気持ちがスッとしますよぉぉ!気持ちがぁぁ! お試しあれ!
PS 盛りがついた野良猫達が外で吠えててうるさかったんで、今、水を浴びせてきたトコ。吠えるとスッとしますが吠えられるとムッとしますね!
ご用心…(笑)

このページのトップヘ