喘息の発作の程度を吐く息の勢いで計る機械。
喘息の発作時に計ったら針はちょっとしか動かず150L/minを指した。これが一週間かかってようやく500まで回復。目標は600L/min。150だった時はしゃべるだけで息切れ。スパーで死にそうになった時の値は350位。歩いても息切れしてました。まるでストローで息するかのようにほんのちょっとしか呼吸できない。これは辛いっス!
ということで、さらに省エネの柔術を模索する必要性がでできました(笑)