オモプラッタやデラヒーバなどの派手な技も楽しいが、地味な抑え込みが今は楽しい!。以前、高専柔道の方が「年をとってくると派手な技はできない。それより抑え込みが楽しくなってくる」と雑誌で語っていた。これを読んだ時には「抑え込みのどこが楽しいんやねん」と思ってたんだけど…(笑)。もちろん相手を極めることが一番の目的。でも隙のない抑え込みからは極めにも移行しやすいのだ。だから大切。大切だけどチョー地味(笑)。この面白さが理解できるのはオッサンの証か?(苦笑)