バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

FullSizeRender
おかげさまでで無事終了いたしました。出場全選手、応援に駆けつけていただいたみなさま、そして大会スポンサーに厚く御礼申し上げます。

IMG_7480
IMG_7481
IMG_7478


次回、グラップリングツアーは11月頃、初の団体戦を予定しております。レギュレーションについては近日中にお知らせいたします。

今後ともグラップリングツアーをよろしくお願い申し上げます。

「ヒクソン・グレイシーは何十年も柔術をやった後、さらに今でも新しい動きや解決策を見つけているということに衝撃を受けた。だからヒクソンのコンセプトや基本原理はとても重要なんだ。それがわかれば、どんな問題に対してもすばらしい解決策が生み出せる。すべてのことを教えてもらわなくてもいいんだ」


「ヒクソンはクローズドガードは攻撃のためのもので、オープンガードは防御のためだと言った」


「ヒクソンはとにかく踏まなければいけないステップの数をできるだけ少なくするように、できるだけ単純化していると思う。ステップが多ければ多いほど、相手がカウンターするチャンスが増える」


「「柔術は弱者のためのもの」ということ。最初に柔術を辞める人というのは、柔術を一番必要としている人なのだ。臆病で、小さくて、怖がりで、ナーバスだ。

 ハードな試合用のクラスだけをしたら、本当に柔術を必要としている人が去っていってしまう。柔術は皆のためのものだ。だからすべての人に応えなければならない。試合のルールに沿ってコンペティションチームを鍛えるのはクールなことだけど、一番柔術を必要としている人のことも忘れてはいけない」


http://cafe.quietwarriors.com/?eid=872075

【グラップリングツアー「極 其之十二」開始時間変更のお知らせ】

台風の影響を鑑み、29日開催のグラップリングツアーの開始時間を下記の通り変更いたします。


選手集合受付 10:15
試合開始 11:30

以上。

なお、11:30を過ぎても、ご自身の試合までに計量を済ませれば出場できます。

名古屋地方は今夜から明日29日未明にかけて台風の影響があると予報されています。みなさまにおかれましては無理をなさらぬよう気をつけてお越しください。

グラップリングツアー コミッショナー 早川正城

FullSizeRender

FullSizeRender

グラップリングツアー2018「極 -KIWAME- 其之十二」トーナメント表。枠内の数字は試合順です。


なお、今年はアブソルート級の当日エントリーは行いません。もし、うっかり忘れてしまっていた方はスタッフまでご連絡ください。

http://kiwame.nbjc.jp/contact


出場全選手の健闘を祈ります。


めっちゃ暑い日が続く。誰もが熱中症対策をせずにいられなくなった。


40度を超えると報道などは大騒ぎしているが、私はそれほど驚かない。というのもNBJCメンバーにウズベキスタンの方がいて、夏のウズベキスタンは50度を超えると聞いているからだ。


地球上に50度を超える地域があるということは日本がそうなっても不思議ではない。


様々な変化に備える必要がありますね。


PS.ちなみに冬のウズベキスタンはマイナス20度なんだとか。より苛烈な環境で暮らす人々もいる。違いは備えがあるかどうかだろう。

このページのトップヘ