バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

FullSizeRender

伊藤先生と練習。

私の今後の大きなテーマ「間」と「間合い」を中心に指導を受ける。



さて、大東流合気武術の達人佐川師範にはこんな口伝もある。

IMG_2568

IMG_2569

「必ず勝つ」立ち位置は「定規で計るように決まっている」。



接触してしまえばバックポジションが一番安全と考える。接触するまでどうするか。

伊藤先生が教えてくれたのは位置というより、「サッとある動き」でパートナーに的を絞らせない技法。誰でも人の視線を認識している。会話中にどこを見ているか、ピントが合っているかわかるはず。その誘導。



空手宇城師範には手の届く至近距離で突きが届かなかった。他の方も同じ。横で見ているとふざけてるとして思えない。一瞬「催眠術」を疑うが、「そんな暇あるか」と一蹴。師範は「気」の操作とのこと。



伊藤先生の指導から、人はどう見ているか深い造詣を感じる。人間の機能は凄いよね。さらに研究、練習して使いこなせるようにする。



競技の柔術に打撃は一切ないけど、ルーツの武術側面も個人的に掘り下げていきたい。これがスピードやフットワークに依存するものなら加令に抗えない。現に剣道では八段の高齢者が若者の早技を制している。そのルートがあるってことだ^ ^


PS.めっちゃ寒かった。

パートナーの力の影響を減らすには

1、外す
2、不安定にさせる
3、錯覚に陥れる



1、角度を外せば、いわゆるスカを喰らわせば影響を受けない。

2、人は不安定な姿勢では力を込められない。

3、人には無意識と意識領域がある。無意識は繊細、意識は雑な部分があり、ギャップが生じた時に身体を上手くコントロールできなくなる。

FullSizeRender
ホワイトベルトクラスはベーシックムーブと草刈りを、パーソナルはオクトパス、タートルをナビゲート。


体重は誰でも使える武器だが諸刃の剣。

体重は地球に引っ張られる力なので重い方がコントロールが難しい。

FullSizeRender

ファイトクラブの夜。

足関節技の中で最も難易度高いと考える膝十字をナビゲート。特にキモノの膝十字はいったん形に入ると逃げにくいので使えれば武器になる。

スパー45分。サイドマウントエスケープ、しくみがわかったクラブライドなどを試す^ ^



対角のラペラをグリップしたクラブライドは強力なレッグドラッグになると気づいて試す。いわゆる寝てパスガードすることはなかったけど、使えるかもね^ ^

FullSizeRender

ホワイトベルトクラスは筋リリース、ショルダーブリッジ、ロールダウンからマウントエスケープを、オールベルトはキャンピングポジション→クロスニーをナビゲート。

どう伝えたらわかりやすいか、コミュニケーションが取れるか、日々研鑽。

IMG_2444

「慧眼にして、盲目」

天才にありがち。

「物理学300年の集大成が大量破壊兵器なのか」

間違いなく反戦映画。そして怖い映画。

時系列の複雑に絡み合うノーラン作品をリピート。

被爆国の日本人としては穏やかな気持ちではいられない重いテーマ。

人類は人類を滅亡させる武器を手に入れてしまった。

いかにコントロールするか。未来は人類の叡智にかかっている。



観賞してなお、核武装した独裁国に囲まれた日本は当然、核武装すべきと考える。ウクライナの現状が証している。

互いに切れる刀を持ちながら、斬り合わず鞘に納める武士の「相抜け」。抜くことはないが刃は研いでおくべきだろう。



本作は顔どアップの会話が多い。大画面IMAXだと表情の微妙な変化を見られる。役者の演技力は凄いね。

武術格闘技的に必要な姿勢とは。

対象に倒れ込んだり、ぶら下がったりしないこと。

なぜなら、人は重力にバランスを取って姿勢を維持しているので、重力系の力、ようするに体重の作用に敏感であり、抵抗を生みやすくなる。

これらは理論上のことであるが達人たちは巧みにコントロールできていると思う。

私のような凡人は体重をかける方法、体重をかけない方法の折り合いをつけながら移行していきたいと考えている。

IMG_2436

術理の世界へ。

数ヶ月ぶりに伊藤先生と練習。先生の視点は常に斬新。今宵は抜刀における力の作用について。すぐに理解できることは、これまでもないが、影響は身体に刻まれる。そして掘り下げていく^ ^



大東流合気武術の達人、武田惣角や佐川幸義は剣の達人でもあった。剣の操作から闘いに必須な「間」「間合い」や、相手の力を抜く妙技「合気」も身につけたのではないかと考えている。

伊藤先生には独特な小手の操作を指導していただいた。前腕にこれまでにない感覚がある。それをガイドに練習をしていく。

私は護身術を避難訓練と位置付けている。路上では対複数、武器使用、不意打ちなど想定される状況があまりにも多すぎて、すべてに対応するのは事実上不可能。でも、避難訓練は多少なりともエスケープの確率を高めるものと考えている。



君子危に近寄らず。

私は挙動不審な人を見かけると大きく避けて歩いている。自意識過剰かもしれないけど、もう習慣でどうしょうもない。

一方、女性はあまり気にしていない様子。奥さんなんかもそうだ。

格闘技や武術をしていると人の挙動に敏感になるのかもね。



護身術についてもう一つ。

暴漢に絶対素手で対応しないこと。服でも鞄でも傘でも靴でも、そこらへんに落ちてるものなんでもいいから使うこと。

つい素手で対応しがちなのは、武術格闘技経験者の落とし穴。

まずは近寄らない→逃げる→避けられない場合、道具使用→すべてが間に合わない時、素手の順



路上で暴漢に突如襲撃されることはほとんど人にはないと思う。

多くの人に必要なのは仲間内の小競り合いの仲裁だろう。

傷つけずに制する柔術が断然オススメな理由の一つ^ ^



さらに、私が気をつけているのは、誰もが殺傷できる物、車だ。

車の挙動やドライバーを必ず目視している。特に駐車場など。ブレーキとアクセルを踏み間違えそうな高齢者たちの運転は恐ろしい。



厄介なのはDVだ。警察に届ければ身内が犯罪者になるし、精神病でなければ受け入れる施設もない。

一時期、話題になった戸塚ヨットスクールなどはこんなグレーゾーンの者の受け皿だった。

私は女性や子どもに暴力を振る者が生理的に苦手だ。

もし、彼氏にDVがあるなら別れた方がいいと思っている

このページのトップヘ