バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

IMG_1199

某所、待合室。ジジイが真横に座ってきた。ガラガラなのになんで?!しかも荷物を向こう側に置いてわざわざ。

だから「そーしゃるでぃすたんす」と日本語でわかりやすく説明してくれや(笑)。





IMG_1198

レギュラーはディープデラヒーバ、パーソナルは腕十時エスケープをナビゲート。

連日、研究対象のデラヒーバガード。深いね〜ディープだけに(笑)。


IMG_1184

2021年初映画。私のチョイスはこれ。

もし、なにかを犠牲に願いが叶うとしたら・・・。

舞台は1984年のバブル前夜。私もブランドスーツを纏い調子こき始めた頃(笑)。新しくも懐かしい感覚。ラストにサプライズで元祖も登場。

DCシリーズはダークな作風で苦手。MCUがドラクエ的なら、こちらはファイナルファンタジー的。その中でもアクアマンとワンダーウーマンは陽気なキャラクターで楽しめる。

ちなみに、奥さんは「鬼滅」の四回目^ ^b

https://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/



IMG_1186

水曜日のNBJC。バタフライガード、そして崩しをナビゲート。

スパーは50分。ここのところ個人的にはデラヒーバガードを研究。ハギングデラヒーバに苦戦中^ ^;

IMG_1163

今日から通常通りのNBJC。OVER50はベースとその変化、レギュラーはフックスイープ二種。

スパーは60分。受けを中心にエスケープの道を探る^ ^


年末の某イベントで舌戦を繰り広げた選手が完敗。試合後のインタビューを拒否、自身のSNSで「負けていない」、「UFCのチャンピオンになる」、そしてアンチコメントに毒づくなどして炎上しているようだ。

私はゴール(目標)達成のためのマインドコントロールとして注目している。

負けた時や上手くいかなかった時にはお詫びしたり、風当たりを避けるためにおとなしくするのが一般的だが、これだと自身の悔しい気持ちがわずかに解消されてしまう。

思い描く理想やゴールに対し、現状とのギャップを認知的不協和と呼ぶ。

IMG_1160

この認知的不協和が向上心や前進の原動力になる。一方、言い訳などで解消することもできる。

もし、某選手のゴールがUFCチャンピオンだったとして、いまの時点で負けを反省したり、お詫びしたり、おとなしく振る舞ってしまえば、この認知的不協和が解消されてしまう。

IMG_1161

脳は現実と空想を区別できない。臨場感がある方を現実と受け取る。彼にとってUFCチャンピオンに臨場感があるのだろう。

ならば、すべての労力、認知的不協和の解消はUFCチャンピオンになるために使うべきだ。

IMG_1159


そのために退路を断ったと私は解釈する。

この選手の夢が叶うことを願っている。そうなれば彼の起こした舌禍なども正当化されるはずだ。


これらはあくまで彼にとってのゴール達成、UFCチャンピオンへの方法論であり、人間的にはクズに分類されてもしかたがない。

このページのトップヘ