バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

備忘録ゆえ意味不明文書ごめん(笑)。

先般のある講習以来、立ちのバランスを崩し、常に脚に張りが出て、これが首やその他関節の節々にきていた。頭痛、腹痛もあってかなりの体調不良。

筋リリースで解すも解消されず、久々にやや困った状態に陥っていた。

昨日のエクササイズで原因をつかんだ。

それはバックロール(後方回転)で脊柱を立ち上げること。バランスを崩したきっかけはおそらく腕立て伏せ。脊柱を屈曲させる方法と伸展させる方法があり、最近は伸展を強調していた。

バックロールは脊柱を屈曲に作用させる。といってもわずかな動作に過ぎないが。

IMG_5955


I師匠からバックロールのきっかけとして鼻の操作を習ったが、これもあらためて消化できたかも。

できていたことができなくなった時、その原因を探ることはレベルアップのチャンスなのだ(笑)。

IMG_5943
人の目はあるものをそのまま見ない。目はカメラのレンズと同じ。カメラからの二次元の情報は脳に送られる。そして脳の視覚情報処理プログラムで再構築される。

私たちが認識しているのは脳で加工された画像なのだ。

FullSizeRender
プログラムにはエラーも存在する。錯視は視覚情報処理プログラムのエラーと呼べる。プログラムのエラーなので、画像が錯視とわかってもそのようにしか見えない。

IMG_5951
脳は上から見た図を優先する。この図を逆さまにしても左に登る階段に見える。

IMG_5950
魔の下り坂も脳の情報処理プログラムのバグ。写真の手前は急な下り、その奥に緩やかな下り。上から見た図を優先させるので、奥の坂が上りに見える。

IMG_5949
右から2番目の木はセンター。右寄りに見える。等間隔の隣の広い間隔は縮んで見える。

IMG_5952
真ん中が浮いて見える。目を止めていても絵が動いて見える。目は止めているようでも、完全静止せず、わずかに動き続けるのがその理由。

IMG_5948
内側に小さい正方形のあるコーナーが直角より小さく見えるので全体として歪んで見える。

IMG_5942
円が何重にも描いてあるが、渦にしか見えない(^^;。

錯視とわかっても、そのようにしか見えない。驚きだ。

武術の術理はトリックに似ている。錯視も一つ要因であり、間合いのトリックの多くは錯視を利用していると考える。


IMG_5927

某師範の新刊を立ち読み。その中で紹介していた本の方に興味があって買ってきた。


「あなたの内側で起こることのほとんどがあなたの意識下にはない。そして実際のところ、そのほうが良いのだ。意識は手柄をほしいままにできるが、脳のなかで始動する意思決定に関しては、大部分を傍観しているのがベストだ。わかっていない細かいことに意識が干渉すると、活動の効率が落ちる。ピアノの鍵盤のどこに指が跳ぼうとしているのか、じっくり考え始めると、曲をうまく弾けなくなってしまう」


運動を分析しても、実際の動作中は意識の干渉を薄める。これからじっくり読む。


PS.文庫化されているが文字の大きなこちらをチョイス(笑)。





バルボーザ試合動画。

私の憧れるバルボーザの脇差しパス。中でも好きなのがこの時代のパス。見た目は単純だが、手順、バランスなど成立させるポイントが多く難易度は高いと考える。

最近、気づきを得て、色々と試している。なんとなくバルボーザの形に似てきているので、方向性としてまずまずなのかもしれない。

動画と見比べて操作のポイントをチェック。展開にあまり変化のない動画だがパスの教材としてはいい(笑)。このクオリティーに少しでも近づきたい。



IMG_5925

露橋クラス後、I師匠と練習&身体のチェック。色々とアドバイスをいただいた。身体が軽くなった。不思議^ ^♪。


先日のピラティスHOORAY研修の岡田先生の講習で生物学的視点もユニークだと思った。哺乳類の多くは股関節を屈曲して立っている。股関節を伸展して腸腰筋を長く使うのはヒトの特徴の一つ。ペンギンも見た目は真っ直ぐ立っているようで、実は股関節を屈曲している。それで骨格図。おっと、これは馬歩ではないか?!。脚を伸ばしたらこんな感じかも(笑)。


私のガードは基本的にフル・バタフライ・X。これらはつながりがいい。特にXガードは足関へのトランジッションになるのでお気に入りだ。

Xガードは後方から差し込む脚を上に組むのがセオリー。逆に組むリバースXはバタフライのカウンターへのディフェンスくらいにしか使うことはなかった。

足関節新時代の仕掛けは腕でかかえる脚と反対の脚を狙い、脚でサドルに組むのが斬新。

ここへのトランジッションがリバースX経由となる。

要研究なのだ^ ^。

IMG_5923

30代のある日。いつものように女性がお酒をついでくれるお店で遊んでいた。


手洗いから戻り、接待してくれていた可愛い女性に一言。


「おっぱい触っていい?^ ^」


すると店中、シーン・・・場が凍りついた。


え、え、そんなもん冗談に決まってまんがな(^^;。


同席の友達が耳打ちしてきた。


「おまえ、おもしろい、けどタイミング最悪」


店にいた怖いオニイサン達が揉めて修羅場の最中だったのだ。


あのありえん静寂はいまも忘れない。世間を騒がしている某事務次官の発言がニュースで取り上げられる度にフラッシュバックする>_<。


IMG_5922


追記.例の事務次官のセクハラ発言はどの様なシチュエーションでなされたのであろう。もし、女性記者からの正式な取材途中、唐突に切り出していたとしたら、これは頭が完全におかしい。弁解の余地はないし、人間性を疑うレベルに違いない。

けれど、この人物を擁護するつもりはさらさらないが、この音声に女性の声がないのはなぜだろう。プライバシーというなら、ボイスチェンジャーなど色々方法もあろうに。

話の前後の流れも不明だ。女性の方からそんな話を振ったか、匂わす様な会話はなかったか。

野党、マスコミ得意の憶測をするなら、どこか接客するようなお店で、その従業員が隠し撮りした音声ではなかろうか。

でなければ、キチガイだよ、このオヤジ。

IMG_5920
いまはね、ちょっと身体を休ませながら、術理研究。だらだらとね(笑)。

練習後のcool down^_^。

このページのトップヘ