バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


ある日、インド人に
「日本人ハ頭イイヨ〜」
「ナンデカッテ?ソレハ俳句ガアルカラダヨ〜」
「俳句ハ五・七・五ノワズカ17文字デ季節トカ場所トカ今ノ心境マデ全テヲ表セマス」
「素晴ラシイネ!」
「世界中捜シテモコンナノナイネ!」
「ダカラ俳句考エタ日本人頭イイヨ〜」
「エ!?オマエ俳句デキナイッテ!」

ほっといてくれ!

明日福住がブラジルに旅立ち。来月7月は14日のclub DEEPに岩間が参戦。同21日はオノケンが、27日は後藤が結婚します。おめでとう!
PS今年もやります
セントラルジャパンチャンピオンシップ2nd
8月18日愛知県武道館
詳細は後日!


フクジーニョ改めフッカが柔術修行の旅にブラジルへ。期間は6ヶ月。プロ柔術以来本場ブラジルで修行する人は増えた。みんな強くなって帰ってきて欲しい。そして教えてチョ。
ところで気になるのはブラジルの治安だ。W杯関連本にも「フランスで最も治安の悪い地域でもブラジルなら最も治安の良い地域になる」とあった(苦笑)
ここでバルボーザからのアドバイス
「ダイジョウブ!オカネネ、スコシネ、チョットダケモッテレバ(笑)」
取られる事前提かよっ(さまあず風)

フッカ〜、無事に帰ってこいよ〜(^_^)/~


航空会社に寄せられる苦情の9割が「隣の人が太っていて窮屈だった」とか。
米国の航空会社では体が大きすぎて座席のひじ掛けの間に収まらない乗客に二座席分の運賃を請求するそうだ。では痩せてスペースが余る人からは値引きの声があがりそう…。これから飛行機に乗る時にはいちいち体重を伝えるの?(バンジージャンプか!?)
話変わって、W杯ではなぜか赤ちゃんにもチケットが必要だったりして知らずに購入した家族は入場できずに泣く泣く引き返した。赤ん坊が一人で来るわけないだろ!これは詐欺だよ〜!


ゴン格誌上でレオジーニョ&ヒカルジーニョと対談した柏崎先生。
「柔道でも柔術でも世界チャンピオンには共通点があるよ」
「・・・」
「それは顔だよ!強い選手はいい顔してる。一流は自然。二流は“俺が”って顔してる」
柏崎先生こそ“俺が”って表情してるように見えるんだけど…私だけ?(笑)


韓国がPK勝利でベスト4進出!W杯ベスト4はアジア初。ここまで来たらひょっとしてひょっとするかも〜(^0^)
しかし、バティやジダン、フィーゴにトッティやベッカムに続きラウルまで姿を消したスーパースター受難の大会になりました。


連日盛り上がりを見せるW杯でTVに釘付けだ(嬉)!その中で気になったことがある。それはNHKが番組で使う日本選手のフィギュアだ。一体誰が作ったか、全然似ていない、画面がアップになっても誰だか全然わからない。辛うじて配置されたポジションに「中田?」と思う位。NHKも自覚しているのか人形に名札を二枚も付けている(笑)。だったら名札だけの方がわかりやすくないか?なのに何故か使い続けるNHK。このフィギュアにかかったら色男ベッカムやトッティも台無しだ!
ある意味最強(^o^;


巷ではイングランド代表のベッカムが大人気。確かにカッコイイ。写真集は(誰かの写真集と違い)売り切れ。お城のような家に住み。奥さんは元スパイスガールズ。みんなが憧れるのも納得です。ベッカムがサラサラヘアーならサラサラヘアーに、ベッカムが坊主になれば坊主が流行し、そして今はソフトモヒカン。初めて見た時にはかなり抵抗を感じたものの段々と見慣れてきたらアラ不思議、これもカッコよく見えてくるじゃあ〜りませんか。街はソフトモヒカンで溢れ。でもソフトモヒカンが似合うのってベッカムだけじゃなかろうか?


レッスン1)
とある会場でよく耳にする言葉
ボア、ボア、バイバイバイバイ!イエ〜ッソ!ボア、ボア、イェ〜ッソ!
エスグリーマ!イエ〜ソ!ハスパージ!イエ〜ソ!パスグァルド!バイバイバイバイ!イェ〜ッソ〜!
役にたたね〜(笑)


韓国がイタリアを破ってベスト8へ!イタリアの猛攻にも決してあきらめず、1点ビハインドから攻めに攻めて劇的な逆転勝利。まさに気迫でもぎとった勝利!必死に立ち向かう姿勢は美しかった!感動した!(小泉風)。
今日敗れさった日本に足りなかったのはこのなにがなんでも勝とうとするがむしゃらさ、ひたむきさだった。残念(泣)

このページのトップヘ