バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


の締切が迫った。NBJCの良心(Dさん命名)マネージャーの鬼頭君が取りまとめてくれてます。今回は借力カオリを含む5、6名がエントリー。
思えば締切期限遅れ常習犯だったブラジリアンテイストな私たち。過去にこれで(チームごと)二回も失格になっているのだ!以降は慎重になったものの、鬼頭君がやってなかったら記録を更新していたことは間違いない(苦笑)
本当は10人、20人とまとまっていけるようにしたいね。泊りで試合も楽しいからさ、、、


キーラグレイシーや金的を蹴られても平気な空手(?)を紹介していたが、最後に出てきた空手家は水を張った牛乳ビンの底を抜く芸を披露していた・・・!?
え、牛乳・・ビン・?

これはないですよね〜(梅風)だって誰でもできるもん。ゲストの角田もリアクションに困ってたでしょ。私も中学生の時、給食で配られた牛乳ビンを全部(おそらく300〜400本)割って先生にメッチャクチャ叱られてるのだ(笑)!ポイントは水の量。
ある意味、これが一番スゴびっくり!


佐藤が紫帯、ドラゴン柴田が青帯に昇級しました。おめでとうございます。この帯も通過点に過ぎません。今後も頑張っていただきたいと思います。
またサブミッションレスリングクラスを担当するAJCC三村季広さんと打撃でお世話になっている土居龍晴さんを青帯に認定させていただきました。メンバー以外に帯の認定をするのはNBJC初です。二人とも技量は十分にして今更私たちが認定するのは失礼にあたるのかもしれませんが友情の証として笑納いただきました。
今後ともよろしくお願いしたいと思います。


ある日、Hさんと女〇大を歩いていたら前から二人ヴァリッジイズマイブのような風体の男が歩いてきた。
「あっ、イズマイブだ!」なんて指差してたら横からHさんが
「あいつらはイ〇ン人のマ〇ィアですよ!以前の偽造テレ〇ンカードを売ったりする可愛いイ〇ン人と違って、今の奴らはトカ〇フとかカラシ〇コフとか持っているんでマジにヤバいっすよ!?」
みなさんも気をつけてね(o^-')b


サマーキャンプ以来、バーベキューがプチブーム。道具も買い揃えたし、いつでもできる態勢になりました。屋外で食べると料理の味も何割かアップ!安上がりだしね。
今宵も練習後にやりました。なんか楽しいね、こういうの(o^-^)o


社会に出て一番要求されるのが《要領の良さ》ではないでしょうか?
難しい仕事も効率よく処理していく。
私はよく無理な事を人に頼みます(笑)。簡単な事だと飲食店で値段の交渉とか、最近では焼肉屋の開店時間を早めてもらったり。難しいのは許認可関係の…(話がややこしいので自主規制)。
交渉する相手の反応にタイミングよく対応し上手くコントロールするのは柔術と同じですよ。
この辺りの呼吸を読むのはメンバーでは高山がかなりの高得点。相手の反応や変化に気が付く能力が高い。
これはとても大切なことです。仕事もプライベートも柔術も、やってる人間(あなた)は同じなので、仕事の時だけ気が利くとかプライベートの時だけ気が利くとかはありえません。柔術もしかり。
これらは心の問題ではなく技術なので誰でも身に付けられるはず。だからまずは飲食店などでちょっと無理な注文をお願いしてみましょう。相手を怒らせずに上手くやるコツをつかみましょう(笑)。
その感覚が《対人策》である武術格闘技に生きてきますよ(o^-')b


スパーリングを全くしていません。挫骨神経痛がひどくて歩くのもままならないからです。
でも、《感》は鋭くなる一方。衰える感じはしません。練習方法は色々あります。不自由な時だからこそ知恵が湧いてきますね(^^)v


練習は中止。火曜日の夜に家にいるなんて久しぶりです。晩ご飯を家で食べるのも久しぶり(笑)。
名古屋は昼から局地的な豪雨と暴風。コンビニから車に乗る数秒間豪雨に見舞われスーツがベタベタ!!出版社に送る予定の写真も濡らしてしまって急遽焼き増し…トホホ。
午後トカレフ服部さんよりTEL
「まるで青春ドラマのようでしたね?」
そう、今回のCJCT4は笑いあり涙ありのまさにドラマがありました。
これについてはまたいずれ。
PS.12月に白帯のみのイベント「WHITE CHRISTMAS of jiu-jitsu」やります(o^-')b

このページのトップヘ