バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


ヨガの基本的呼吸法。勇者の呼吸、勝者の呼吸とも。胸を張って息を吸い、ウーと音をたててながら吐くさまが、威張っているかのようなのでこう呼ばれる。逆腹式呼吸。腹式が横隔膜での呼吸。逆腹式は胸郭の呼吸筋を使う。お腹をへこませながら胸隔を一杯に広げ勢いよく吸う。肩は動かさない。吸うのも吐くのも鼻から。
ここからバストリカやクンバカにすすむ。


昨日の練習後にみんなと食事にいったらフクジーニョに「トムクルーズとキアヌリーブスもブラピと同い年の37なんですよね(ニコニコ)」といわれた。・・・・・。だからどーしたっていうんだよ!なんだよ!なんなんだよ!その目は…カズ君、タコボーザ!だから俺じゃなくてアイツらが若すぎるんだってー!なに笑ってんだよ!チックショー!おまえ達だって37になったらわかるって!いまのうちだぜ!カズ君だってキムタクと同い年だろ?ハハハ!(笑)
そーいえばフクジーニョにカズ君、春が来らしいじゃねーか?頑張れーっ!


「武術の稽古は相手に勝った負けたという相対的なものではなく、技ができるか?できないか?といった質を高める絶対的稽古を目指すべき!技ができるか?できないか?とは例えるなら自転車に乗れるか?乗れないか?武術ではその技が実際に使えるかどうかだ!」と語るのは空手心道流宇城憲治師範。
私たちも絶対的稽古を目指し頑張りたいと思いますp(^^)q


健介のガウンに描かれたライオンは新日のトレードマーク?それとも彼の子供が書いた絵?一体何なんだろう?おまけに頭には無国籍料理屋の店員がしてそうなバンダナ(by紙プロ)。何を表現したいのか伝わってこないのだ。意味不明はバケツやホウキを担いで現れた猪木も同じ。次いで松葉杖(これはマジ)の藤田。寅さんの安田。放送席には乙葉ちゃん。違う意味でバーリトゥード(なんでもあり)になってきた(笑)。これが猪木ワールドなの?それともWWF化への布石なの?案外、安田の借金もアングル(ネタふり=演出)だったりして!?(笑)


毎年恒例、新日本プロレスのドーム大会!
小川対(リミッターを外した)健介戦!
「(小川を)ブチのめす!俺の頭はそれしかないんで」ゴング前にいきなり頭突きの奇襲攻撃(爆)!試合はセコンドが乱入してアッという間にノーコンテスト!あっけない幕切れ!しかも意味不明!昔なら暴動でしょ!!
しかしその姿を見ているだけで笑えてくる健介はなかなかいい味を出している(特にガウンとバンダナ!そこにどんな意味が込められているというのか?)と思う。長嶋茂雄の如く突き抜けたキャラクターに育っていって欲しいものだ!(笑)


「鍛練と聞いてイメージするのは体を鍛えること。猛練習とか特訓とか、とにかく激しく体を鍛えることを想像する。ところが鍛練という単語、「鍛」と「練」で構成されている。そう!体を鍛えることも大切だが体を練ることはもっと大切!」といったのは後藤修(ゴルフジャンボ尾崎の元先生)。
あらゆる運動はまず動作ありきなので体の各パーツが正確に動くかどうかが大事。体が固いと正確に動かせない。そして体で固い部分は殆どが肩と骨盤の周辺だと思う。このあたりを徹底的に練ること。粘土をこねるように体を練る。根気がいります。


いつも正月といえば、呑んで食べて寝て…。いまは酒をやめてるんで今年は食べて寝てになった。宴会が続く年末年始は毎年、飲みすぎから胃がムカムカして気持ち悪いんだけど、今年はスッキリ!気分爽快!。だからいろいろ食べたくなるのだ。思えばこれほど食べた正月もない。おせち料理にお餅。特に餅がねー、旨いんだよねー。なんかお腹の周りがポヨポヨしてきた…。体重計に載るのが恐い(笑)


ブラッドピットって37才なの!?37っていったら私と同い年だよ〜!マジかよ〜?まいったな〜!なんであんなに若いんだよ!ク〇リ使ってんのかな?いいよな〜!モテモテだろ?確かカンペの決勝で当たった田〇さんも37だったな!37ったら普通あんなもんだぞ!そりゃそうだろ!37だもん!でブラピはなんで37なんだよ!おかしいんだよ、あいつが!つーか羨ましい!キャバクラいってもモテてモテてしょうがねーんだろうな?え?ブラピはそんなとこいかないって?男だろ!いくにきまってんじゃねーか!くぅぅ!ブラピになりてぇー!


今年は本当にいろいろな事がありました。
生まれて初めての入院を経験。弱気になっていた私を支えてくれたのは家族、友人、そしてチームの仲間達でした。本当に感謝しています。
また、今年は私のワガママ(苦笑)で8月に大会も主催させていただきました。
本当に本当にありがとうございました。
ヒクソンの言葉「strong spirit strong life」
来年もガンバルぜ(^^)v

このページのトップヘ