バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


ホイス吉田戦、二週間の審議の結果裁定通り吉田の勝ちに!レフェリーストップのないルールなのにレフェリーがストップしたのはおかしいでしょ!子供に説明できる?しょーもな!(怒)


練習後「がんちゃん」で食事をしていた。テレビではドラマをやっていたが突然画面が切り替わる。ビルが燃えている。ビル火災か?そこに2機目の旅客機が…。私にも状況が理解できた。ありえない事が起こった。
その後アメリカは報復攻撃を開始。瓦礫の山を築くが、首謀者はいまだ捕らえられず。


以前、バルボーザがホイラーに勝った大会マスターシニア選手権の茶帯プルーマ級でフクジーニョが優勝!試合は全て一本勝ちした模様。大苦戦したのはあいかわらず減量の方だったとか。なんでもビールが一缶日本円にして40円位なので毎晩飲んでいるそうだ(笑)。30才を過ぎると基礎代謝が下がってきて太りやすくなるので注意が必要。そのうちメジオになっちゃうぞ。メジオからプルーマに減量なんてムンジアルで勝つより難しいと思うよ〜(笑)


ドスカラスJrと戦った中野巽耀。旧UWF選手。プロレスラーの幻想を纏いリングイン。タックルに対して腰の重いところを発揮したものの、マルコファス道場で鍛えていたドスJrのチョークにタップ。この時、中野はドスJrの指に噛みついてディエンスしていたそうだ。これってプロレス的裏技!?しっかし指に噛みつくなんてエグいのぉ〜。


フューチャーファイトの控え室で格通を読んでいると対戦する月影選手のTEAM ROKENの特集記事があったので彼らの写真を指さしながら「岩間君、今日対戦するのはこの人だよ」と雑誌を向けると、岩間君の隣に写真と同じ顔が並んでいる!?(驚)なんと同室でしかも隣にズッと座っていたのが月影選手達!!その瞬間まで気がつかなかったっス(汗)
互いに顔を見合わせて爆笑、その後健闘を誓って挨拶を交わした。写真はコワモテだがとっても感じのよいROKENの皆さんでした(笑)


やっと名古屋に着きました。一眠りしてコパアライブの会場にいきます。


ブラジルのバーリトゥード事情を現地から報告。ルタの“ペケーニョ”ノゲイラを中心にブラジリアントップチームやシュートボクセを取材。練習風景等の写真も豊富。中でもスパーリング光景はまさに野生の獣が争っているようで目をひく。文中にもあるように治安の悪いブラジルでは日常生活にも注意が必要で生物として強くないと生き残れない。生き物として強。弱肉強食。環境は人間の五感全てを研ぎ済ます。獣のように…。
この作品はそんな生活臭がプンプン伝わってきてGOODです。私もブラジルで獣になりたい(笑)


今週末9月7日有明コロシアムで開催されるDEEP!今回も面白そうなカードが揃いました。美濃輪VS田村をメインに三島やホーキやヤノタクや高坂が登場します。そしてうちの岩間選手が二週連続で総合のリングに臨みます。華やかなDEEPのリング。いまから待ち遠しいッス。みなさんの応援よろしく!
PS、電車でお婆さんに叱られないよう、新幹線でオッサンに怒られないように気をつけていってきます(笑)


未だネット上を賑わすホイス吉田戦!金メダリストのプロデビューということで結果は翌日の一般誌にも取り上げられた。その扱いについて新聞各社はスポーツとしてではなく社会現象として取り上げたとコメント。社会現象!?なんとまぁ腰の引けた姿勢なのでしょうか。確かに過去プロレスとは紆余曲折あったからね〜。良くも悪くもプロレスから派生したジャンルと見られている総合格闘技(私はこの総合という表現は嫌いだが…)。世間の色眼鏡との闘いもガチでやるしかないでしょ。

このページのトップヘ