バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


いま武術が静かなブーム。その火付け約、武術家甲野善紀が講師の8回分の放送が終わった。
甲野師範の紹介する術理の中で、最も興味をひいたのは武術は応用がきくという点。昔の剣豪達は剣がなければ近くのありあわせの物で間に合わせ、それもなければ素手で戦った。剣術をやっていれば武器術や体術にも応用がきいたそうだ。逆もしかり。
現在のスポーツは条件(ルール等)が特化されすぎているがゆえ、他への応用が難しいとみる。
柔術もライフワークとしてとらえるのなら応用力こそ大切だと思うのだが…。


連休はZSTGPにカンペオに東海ブラジリアンの大会があった。我がチームの成績を天気に例えるなら、はれのちくもりのちあめといったところか…
試合に出場した選手達、また応援にかけつけたみなさんお疲れさま。
TAISHO快勝おめでとう。プレッシャーを乗りきったね。それにしても試合後のトップロープ越しのプランチャーにはビックリしたぞ(笑)。
それから同日に行なわれたカンペオや東海の試合で苦戦の若手達。これは産みの苦しみか?止まないあめはない。頑張ろう!


ZSTGPジェイソンマックスウェルを1ラウンド十字でタップアウト。スタンドも危なげなくコントロール。TAISHOは進化し続ける(^^)v
帰路バス中にて


なんとジェイソンマックスウェル体重オーバーのイエローカードスタートになりそうな気配。ほかの計量オーバーの選手達が必死に努力してるのにジェイソン選手は涼しい顔!?もしかして確信犯?(怒)
気兼ねなくブン殴れるムードを作ってくれました。


さあ、いよいよ今週末はZSTGPだ!決勝トーナメント進出をかけてTAISHOが挑む。
対戦相手はアメリカ人ジェイソンマックスウェル。正直、現時点で相手の情報はジェンスパルバーに勝ったことくらいしか知らない。強いのは間違いない。たぶん、レスリング&ボクシング=パウンド系と思うんだけど、ビデオもないので確かなことはいえない。
確実にいえるのはTAISHOはベストを尽くすってこと!
みんなで応援にいこうぜ!


運転中に取り締まりを受けた。ある事に納得がいかず(見解の相違)、また体調を崩していることもあり、日をあらためて検察で話をしようとしていたら「病気(がん)なんでしょ!?じゃあ、後日検察にこれるかどうかわからないじゃないか?」と一人の警察官にいわれた。
いくら職務とはいえ血の通ってる人間がこんないいかたをするなんて驚くとともにひどく傷ついた。
警察の職務はリスペクトしているが、今日のあの警官の態度は人間として軽蔑する。


わからないまま寝かしておく。ある日、なんかのはずみでフッと理解できる瞬間が訪れたりする。
理解できないことが頭の中にあると不安定感からその場限りの帳尻合わせで間に合わせようとする。
でも、あえて性急に答えを出して無理に辻褄を合わせることなく、寝かしておいて発酵を待つ。
慣れてくるとワインを寝かせておくようにこれも一つの楽しみになってきますね。


TVに出演した空手道宇城憲治師範。
ボクサーのパンチを見切り、アメフトのタックルを正面から受けてみせ、ボディビルダーを腕相撲で退け、ジャニーズの手からコインを取る(!?)。武術的身体操作を披露した。これらは「相手の脳を乗っ取る」(by宇城師範)ことにより成立する。師範の技を目の当りにして皆キツネにつままれたような表情。術理の不思議さを物語る。
このデモンストレーションは超魔術のマリック並のインパクト。これから師範のマスコミ出演の機会が増えそうです。

このページのトップヘ