バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


上達への過程を初級者→中級者→上級者と分け、上級者を以下のように定義している。
◎上級者のほうが退屈しにくい
◎上級者のほうが疲労しにくい
◎上級者は「ながら」ができる
◎直接役に立たないような知識まで持っている
◎一見無関係なことからヒントを得る
◎上級者の方が細部へのこだわりがある
◎自分なりの「美観」を持っている
◎勘が働く
◎欠点を含めて自分の個性を認識している
◎練習方法が工夫できる
◎中級者や初心者からも学ぶことができる

なるほど!


全国民注目の中2-2の引き分け、日本は初の勝ち点1!序盤はベルギーペース。1点先攻され開き直った日本。鈴木、稲本のゴールで逆転。終盤で追い付かれたものの次につながる貴重なドロー。しかし惜しかった、、もうちょっとで勝てた(?)。前回フランス大会では全敗だったが中山の初得点があった。今日は初勝ち点。なんか小出しにされてるようだが。次のロシア戦には初勝利を期待できる?


昨年スタートした総合格闘技イベントJTC。今年は全国各地で予選があり、優勝者が全国大会に駒を進める。また全国大会で活躍した選手にはプロへの道も開かれるというオーディション的要素も…。さて東海大会だが、メンバーの河合君がこっそりフリーで参加していてビックリ(ないしょにするなよ〜水くさいぞ〜)。で優勝までさらって二度ビックリ(笑)
私はボディボックスの横地さんやJTC代表のチョウさんと共にジャッジでしたが、率直にいって選手のレベルは高いとはいいがたく中部地区の一層の努力が必要と感じました。


アルゼンチン、バティストゥータのゴールで快勝!いや〜それにしてもバティストゥータの破壊力抜群の豪快なシュートはみていて気持ちがスカッとします。それにスペイン、エンリケ、ラウル、上手すぎ、シビレマス(^^)v

PS血亜機隊長情報
全日本最終日結果、紫帯はプルーマがホドリーゴ・ヒラカワ、メイオペサードがパレ東京勢田、ガロ大宮の山田、ペナ佐藤(不戦勝)、レービィ鶴屋、メジオK'Z菊地


サウジ相手に8-0の大勝!序盤の大量リードでも全く手加減なし!大人気ないぜドイツ!先の宮崎高校選抜相手にも情け容赦なく10-0!大人気ないぜドイツ!強いっス(^^)
PSフッカ情報
全日本初日結果ガロ倉岡ひろし、プルーマ倉岡あきら、ペナ片庭、初日アクシス全制覇
二日目、青レーヴィアクシス山内こうえつ、メジオパレ高谷、メイオペサード芳岡、ペサードストライプル鈴木、スペルペサード小林、ペサディシモアクシス西村、アブソクリスチアーノ、女子アブソダニエリ、などなど…


日韓共催によるワールドカップが開幕した。
日本、韓国は隣国にあるにもかかわらず(隣国であるがゆえに?)、歴史的背景などから感情的なしこりが長く横たわり、さらに地理的な問題もあって共催は難しいと感じていたが、開催がせまるごとにお互いに理解しあおうという雰囲気で盛り上がってきて、今となっては共催でよかったなと思う。
こうしたビッグイベントには様々な障害を乗り越えて人々をむすびつけ異文化交流や相互理解を深める力があるんでしょうね!
PSフランスが負けてビックリ!


来日したベッカムはソフトモヒカン。
昨年より髪を短くしてソフトモヒカンっぽい私。毛の生え方の所為で少し伸びてくると鉄腕アトム状態になる。
「かっこいい髪方はないかのぉ〜」

私の習う中国拳法の生徒に美容師さんがいるので
「ブラッドピットみたいになりませんかね〜?(笑)」と尋ねてみたら
「・・・・・」

ノーリアクションだった(涙)


いわずと知れたサッカーの天才マラドーナ!ワールドカップメキシコ大会での活躍はもはや伝説と化している。そんなスーパースターも現在はとっても太っていて
「誰?」
見る影もない(泣)。
ボクシング「石の拳」デュランも船木誠勝との対戦で来日した時、
「誰?」
これまたデブッていて私たちの夢をこっぱ微塵に打ち砕いてくれました(汗)。
やっぱイメージって大切です。
ヒクソンやベッカムが太る姿なんて見たくありません。いつまでも野生の豹のようなたたずまいでいて欲しいと願います。


一撃必倒の破壊力を持つスーパーヘビー級の壮絶な殴り合い。やま場は第2ラウンドに訪れた。先にハントがダウン。足が止まったハント。勝負ありかと思われた直後、バンナもダウン。両者ともダメージは深刻、立っているのがやっとの状態。互いにフラフラになりながらも気合いで打ち合う。この両者フラフラの状態、馬場VSハリーレイスの迷勝負を思い出す。最後はキックで二度目のダウンを奪ったバンナがTKO勝利を収めた。
とにかく凄い迫力!これならお金払っても観るでしょ!


JTC東海大会のジャッジの依頼があった。柔術ですらルールに疎い私にジャッジとはいい度胸をしている。

「いや〜ルールとか、わかんないし無理でしょう(苦笑)」
「大丈夫ですよ〜勝ったと思った方を勝ちにしてくれればいいですから(笑)」
「・・・え、そんなんでいいんですか?じゃあ、やります!」

ということで
ジャッジ!
ジャッジ!
ジャッジ!
レディー!
ゴー!
なのだ!

このページのトップヘ