バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


第一回の全日本選手権では青帯ですら数えるほどの参加者であった。当時は、日本人による黒帯の試合など想像もできなかったが、いよいよその日がくることに。
片や日本柔術界の雄、リーダー、また伝導者として活躍してきた中井祐樹。対するは技師早川光由。いま日本人による最強最高カード。勝ったのは早川選手。まだ見てないが面白い試合だったのは間違いない。
日本人柔術家として中井祐樹と戦えるのは最高の栄誉だ!私も中井先生と戦いたい!
でもその前に黒帯にならなくっちゃ(笑)でもその前に茶帯にならなくっちゃ(苦笑)


最強ユニットとの噂も高き、ごまきにあややに藤本美貴のトリオ、ごまっとう。名前を初めて聞いた時こそ、ごまっとう?なんだそりゃ!?って感じでしたが、いまやコンビニの雑誌の棚にはグラビアがずらっと並ぶ。いや〜可愛いっすね〜。本当に!またカズ〜ンに騙されて見にいこおっと(笑)


病み上がりで喘息気味のまま、久々にスパー!ハッキリいって死ぬかと思いました(苦笑)。無理は禁物。くわばらくわばら(>_<)


人間休んでる時でも、必ずしている運動。呼吸。誰でもしているけど意識して行なう人は少ない。調べてみると武道から健康法までの様々な流派に特色があります。私がよくやっているのはヨガと仙道の呼吸法。最近のマイブームは笑いの呼吸(笑)。人間緊張したり驚いたり怯えたりする時は、息を吸った状態で固まっているそうなのだ。そこで意識的に「ワーハッハッハッハッ」と笑ってみる。するとその強ばりが見事、とれてくるではあーりませんか!人目が気になるなら声を出さずにやってもOK。笑う門には福きたるってことですね〜!


が見つかったと話題の一件はテレビ番組「電波少年〜」のやらせだった。日本テレビはバラエティなので演出だと説明。と言うか居直り(笑)。ほとんど東スポ(名古屋は中京スポーツ)ノリ。でも最近は視聴者も物分かりが良いのでこの程度では目くじらたてず「またか」って感じで問題ないかもね。気の毒なのは近所の子供達、だまされたとかむかつくとインタビューに答えていた。これもやらせだったりして…(汗)
猪木イズム…どこまでが本当でどこからが嘘かわからないこと…
水商売のオネーチャン達の様に上手くだましてほしいな(笑)


呼吸がスッゲー苦しいので病院にいったら、喘息と診断された。ぜ、喘息!?か、風邪じゃないの?なんでやねん…この年でなるとは思わなかった(汗)。
喘息は気道が狭くなる発作。いや〜噂には聞いてましたが本当に苦しいもんです。思いっきり呼吸したくても少ししかできない。でも、なっちゃったものは仕方がない、受け入れるしかない。上手くお付き合いをしていかなきゃね!これも呼吸法を見つめ直す良い機会でしょ(^.^)b
主治医に見せるためにこことは別の日記をつけることになりました(苦笑)。


clubDEEPで河合君は下のポジションから十字や三角を仕掛けたが、尽くバスターで潰された。バスターは柔術の試合では反則技だがフリーファイトでは当然のリアクションといえるだろう。こういった試合を視野にいれるなら下から仕掛けて持ち上げられない工夫が必要。ヒクソンに教えてもらったコツがあるけど、これは内緒(笑)
とにかく、ありとあらゆる場面を想定して対策を練るのは武術的に正しい事なのだ!


うちから出場した河合君は下から十字や三角を仕掛け続けるも極めきれず、逆に相手のカウンターの三角にタップアウト!結果は残念でしたが内容はプロとして観客にアピールできたと思います。次に期待しましょう。他にも秘密兵器(?)がいますからお楽しみに!
それにしても今回も前回同様clubOZONがビッシリと人で埋まりました。本当によく入りました。雑誌等で佐伯DEEP代表があきらかにした前回の黒字●万円突破間違いなしといったところか。地元発進のイベントだけになんとか盛り上げていきたいと思います。


若鯱会でした(;^_^A
ちなみに金鯱会は名古屋ブラジリアン柔術クラブの名称を決める時の候補でした(^^ゞ

このページのトップヘ