バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


中国拳法I先生の指導で始めた気功。最初は手のひらに電気のようなピリピリ感。そのうちそれが玉のようになり腕を通り体の中を通る…。え?そんなもんないって?いや、あるんだよ(笑)!つーかあると仮定して話をすすめる(強引)!
理解すると(したことにしろよ!)武術的に便利なことが多い!人が飛んだりはしないけどね…。飛んだりするのは「気」というより催眠術でしょう。え?だったら催眠術習えって?いや、ハハハ…。武術的に便利な事って?それはね…。
相手の「気」がわかるようになるってこと。わかるかな?(笑)


今年の6月に友人の紹介で出会った二人。そしてその2日後の最初のデートでいきなり「僕と結婚してください」だと(爆)。ところが彼女の返事はなんとOK!・・・ハ?マジなのコレ?バッキャーロー!こんなビデオ見てらんねーよ!家でやってろよ!家で!(笑)
ところで彼は元モデル彼女もミス着物で互いにルックスはバッチリ!そりゃビデオの一つや二つ撮りたかろうに!
しかしヤラセがないとすれば、このドラマ、続きがあるかもね…(笑)
とにかく数日は夢にうなされそうなのでありました…。


今日24日はクリスマスイブなのに…。
今日は大東流合気柔術の岡本正剛先生の指導が受けられる日だったのに…。
今日は実戦護身術功朗法のセミナーだったのに…。
今日は友達の結婚式。出席者は350名。貰った座席表は分厚い本。司会はタレント吉村明宏。開始は昼12時半。終了は夕方6時。延々5時間半のロングラン!見ているこっちが恥ずかしくなるような本人出演の二人の出会いの再現VTRの上映(途中CMまで入る!?)などあってケーキカットまでに一時間…。みんな困ってただろ!
正親コラーッ!
お幸せに(笑)!


総合実戦護身術功朗法の総師範、横山雅治先生のセミナーに参加した。
普通、護身術というとその実用性に疑問がつくものが多いようだが、これは凄いっスよ!超実戦的!ナイフや銃等を持つ暴漢から簡単な動作でのエスケープを可能にしている。この簡単な動作というのがポイント。誰にでも収得できて、さらに即効性も期待できる。
横山先生の豊富な(?)実戦経験に裏打ちされた功朗法。また練習したいな!


おぉーっと!それはないだろう!ミスター高橋(元新日レフェリー)!
発売中の著書「流血の魔術最強の演技」でプロレスの舞台裏をカミングアウト!「プロレスラーは最強ではない」だの「バーリトゥードから逃げた神様(ゴッチ)と燃える闘魂(猪木)」だの刺激的な言葉が並ぶ。
プロレスはエンターティメントだと主張する著者。真剣勝負との間を行き来する猪木達への警鐘として今回の出版となったそうだ。
でもこんなことイチイチ言われなくてもわかってる人はわかってるし、わかってない人はそのままでも問題ないと思うんだけど…。


柔術のホームヘージ「柔らかフーリガン」略して「やわふー」。フクジーニョとタコボーザと私の3人がそこの選手名鑑に掲載された。なんつーか…そのー…とっても嬉しかったのだ!(照)
ところで問題は掲載用の顔写真!どんなのにするか散々迷った。ヒクソンみたいに海で撮ろうと思ったが冬だしね。結局、緑を背景にするため熱田神宮へ。こういう写真を撮ったのは初めて。出来上がりを見た。我ながら「こいつ殴ってやろうか!」と思うようなものばかり!?ポーズを作るのって難しいんだね!でもタコボーザの写真を見たらホッとしたよ〜(笑)


カンペオ会場での事。あまりの混雑ぶりにアップのスペースもない。ということでトレーニング室を訪ねてみた…。
丁度いいマットを見つけ係員に相談。係員「こちらのご利用は初めてですよね?」…初めての人はまず体力測定を受けるんだそうだ。試合前に体力測定!?う〜ん…。
内容は立位体前屈に握力に背筋力とか反復横飛びなど色々あって最後に「ふ、踏み台昇降運動っスカ!?(苦笑)」
結局アップは断念(笑)。
道衣姿で試合前に踏み台昇降運動も、それはそれで笑えたんだけどね…。


DEEP、ケガで欠場のドスカラスJrの代わりはな・な・なんと!?エル・カネック!急きょ参戦が決定。ルチャが本業の彼らは多分バーリトゥードの練習等してないと思うんだけど…。
「要は喧嘩でしょ!勝てばいいんでしょ!」そんな古き良きプロレスラーの気概が伝わってきてGOOD!。カトクンリーといい、いい度胸してます。ルチャ恐るべし!
学生の頃観にいった新日会場での事。タイガーマスクに対し容赦ない攻撃を加えるカネックへタイガーマスクファンの子供達から声援が飛ぶ!
「カネック金がな〜い!」


最近やたらとTVに出てくる気功師達。はっきりいって好きになれない。彼らは人を飛ばしたりするが「気」にそんな力があるとは思えない。彼らは催眠術や気合術を巧に組み合わせて使っている。私は中国拳法のI先生の指導で「気」の存在を理解している。でも「気」の使い道は人を飛ばしたりそんなことではないでしょ!
とはいえ、態度の悪い大槻教授はブッ飛ばしてみたいのだった。「気」で飛ばないのなら他にも方法があるでしょ!(笑)。曲がりなりにも気功武術家と称するならねぇ!
「気」についてはいずれまた…。


イルカショーでの解説。「イルカは一回の呼吸で肺の中の酸素を80%交換できる。」に対して「人間は20%しかできない」んだそうだ!
なに!たったの20%…!?実感としては、もうちょっとしてそうな気もするけど…。いや!イルカにできるのなら人間にだってできないことはない!?(笑)。まぁイルカまでは無理としても今の倍の40%位にならなんとかなりそう?そうすれば呼吸もかなり楽になるはず?数字だけ聞くとできそうだもん!(笑)

このページのトップヘ