バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


昨夜寝呆けたまま書いて途中で寝てしまった…。

違う作風ね。一本の作品とみると「え!?」って感じ。話は繋がってるけど別の作品として観る方がいいかも。
ところがこっちが本来のタランティーノ。派手な活劇だったvol.1とうってかわって、やたら長いセリフが楽しめます。
クンフーのシーンは今風のワイヤーアクションをわざわざ一昔の香港映画の画質で観せてくれます。唐突に顔をズームするカメラワークなといかにも香港(笑)
★★★★☆
座骨神経痛に138分はちょっと辛い


一冊目はホイラーグレイシー著「submission grappling」。センキモノのテクニックが満載。残念ながら洋書。そのうち日本語版もでるでしょう。
二冊目は三船久蔵著「THE CANON OF JUDO」。空気投げで有名なの三船十段のテクニック本。立ち技のバランスを見たくて買いました。寝技も多く紹介していていくつかヒントになります。これまた洋書(涙)
最後は「柔道投技の骨組み背負い投げ編」
動作を骨組みのタイトルのまま、ガイコツで表現。びっくらこきました(笑)


マス大山の著書に影響を受けて、若い頃は毎日何百回とやってました。腕立てをたくさんやってご飯をたくさん食べれば筋肉が増えると信じてました(苦笑)。ところが数をこなせばこなすほど腕は細くなっていきました。今考えれば筋量を増やすには質量共に間違った練習方法でした。
でも、大東流の佐川幸義師範や合気道の塩田剛三師範は「腕立てで体を作った」といいます。腕立てには腕の筋肉をつける以外の効用があるということなのでしょう。


東名高速の渋滞には参りました。名古屋を出発したのが午前7時なのに会場には開始時間ギリギリの午後2時に到着。7時間もかかってしまって、道中、タクオの試合に間に合わなかった場合の言い訳ばかり考えてました(笑)
運転は状況判断の苦手な秀星(笑)。でも後部座席のTAISHOが窓から腕を振るとスイスイ楽勝で横入りできました(笑)
会場は狭さも手伝って熱気ムンムン。修斗の山本KID選手やパンクラスの前田選手、ZSTの所選手に今成選手等軽量級のトップがセコンドだったりして盛り上がりを後押しします。
試合後、次回組み合わせの抽選。タクオの相手は「NUKINPO!」(←名前です)に決定しました。奇しくも怖い顔対決!みなさんお楽しみに〜!
会場を後にし、後楽園ホールでキックを生初観戦。女性客が多いのと応援合戦とかの明るいノリが心地よくとても気に入りました。もちろん試合も好勝負続出。うちの選手もお世話になっている大和ジムの笛吹選手、大川選手が揃って見事勝利しています。おめでとうございます。
東京での移動は小川君が先導。「後楽園には二回乗り換えですよ!これが最短ですよ!」
あとで地元の対馬君に訊ねたら一回の乗り換えで済みました。わざわざ大回り!?さすがカーナビ十段(笑)
東京のみなさん、電車で騒いですみません。今時小学生でもやってないと思います(笑)。
「次はタマチン(田町)」
・・・。
いや〜本当、参加していただいた方々お疲れさまでした。
次の決勝ラウンドは7月25日!バスでいきましょう!あ、もしかしたらその前に一つあるかも!?
それから今年もサマーキャンプ(夏合宿改め)を内海でやりま〜す!7月31日8月1日を予定してます。
みんな、来いよ〜(昨年同様、他団体大歓迎)(^^)/


パンクラスの新人登龍門であるネオブラッドトーナメントにタクオが出場しました。
タクオが試合を終始コントロール。マウント、バックマウント、再びマウントからのパウンドで快勝しました。
決勝は7月25日の後楽園大会です。みんな、応援4649!


飲みすぎたな〜(苦笑)。
室谷先生、いい結婚披露宴だったね。楽しかったよ。おめでとう(^^)/
今日はタクオの試合があります。一番早く車で東京へ向かうメンバーは午前4時出発。ご苦労さまです。
ゴールデンウィークの渋滞のせいで、一説によれば東京まで車で7時間はかかるそうだ。トホホ…


N津君から筋肉の伸張反射を利用した体の調整法を教えてもらった。やってみると筋肉がどんどん解れていく。これはいいね〜!また今度教えてちょうだい。
練習後はTAISHO夫妻&うちの奥さんで食事。酒を飲むのは私だけ、ビールをたらふく飲んで寿司を腹一杯食べて帰ってきました(笑)。TAISHO夫妻は結婚一周年でしかも陽子ちゃんは誕生日。おめでとう(^^)/

このページのトップヘ