バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)


今月26日発売予定のヒクソングレイシープライベート(?)写真集。思えばノブ兄ィやパンクラスの写真集も訳もなくつい買ってしまった私。これも当然買うつもり。さて気になるお値段ですがDVD付のものは一万円弱なんだそうです。有名女優のヘアヌード写真集でも四、五千円ってとこでしょう。ヒクソンの気性と同じく強気の商売!400戦以上無敗も思わぬところで苦戦か!?(笑)


自称日本の三大ラグビー場(笑)の瑞穂ラグビー場で試合があった。もちろん柔術ではなくラグビー。私が在籍している自称青年のオジサンチーム。膝も足首も痛めてもはやダッシュの利かない私は応援のみ。試合といえばいつも室内&畳の上だが久しぶりの青空の下芝生もとても気持ち良かった。ラグビーは球技ながら正面から体と体をぶつけ合う格闘技的な競技。時には格闘技よりハードなコンタクトもあり生傷が絶えず、私のあちこちの古傷もラグビーが原因だ。なにせボールを持ったら敵チームの15人が一斉に襲ってくる

ある試合の翌日。風邪で体調を崩し病院を訪ねた私に医師から「レントゲンの結果、肺の炎症はないけど肋骨が折れてるよ。しかも二本(苦笑)」…ガァーン!どおりで痛かったハズだ!つーかこんなケガはラグビーなら日常茶飯事!ハッキリいって人間のやる競技ではありません(笑)
さて命知らずのオジサン達が「お前も(試合に)出ろよ!」と言ってきた。「膝のジン帯を痛めているので無理っス」と断ると「バカヤロー!そんなもん走れば治るわ!」いや〜体育会って本当に素晴らしいですね〜(笑)それではさよなら、さよなら、さよなら


不動産業を営む私。先週。管理する借家の前にコワ〜イオニイサン方が並んだ!借家を訪ねたら「オニイサンも金貸し?」と聞いてきた。サラ金の取り立て屋らしい。「いくら貸してるの?」「・・・」「トイチなの?」(トイチとは十日で一割の金利のことで高利貸しの代名詞)「(不敵な笑みを浮かべ)いまはトイチ位じゃありませんよ」
なんでも十日で三割位らしい。と、十日で三割!?(絶句)…そして店子は夜逃げ。何者かが腹いせ(?)に借家へ投石、窓ガラスを割りやがった。
決着はついたもののご近所大迷惑の顛末!おそまつ(^o^;


男星野が監督に就任して変わった阪神!春の珍事で終わるか?はたまた奇跡が起きるのか…?
やる気がないといわれ続けた今岡も変わった。「だって〜就任早々に監督が「優勝するぞ!」って本気でいうんだも〜ん」だって!?。オイ!優勝を目指すのは当然じゃないのか?こっちがビックリするわ!
幼稚園児の姪っ子がある日、英語のテストが難しかった難しかったというのでたずねてみたら「だって問題が英語なんだもん」と真顔で答えたのを思い出した(笑)


いまやカリスマレフェリー四王塾塩崎塾長。居合いで切り揃える角刈りとヒゲがトレードマーク。レフェリー見習いのシンイッツロフ松村と並ぶ光景はノールール系リングでは定番となった。アマチュアを含め裁いた試合数は数千に及ぶ。間違いなく世界最高のレフェリーでしょう。
塩崎…塩…しお…しおぅ…四王…四王塾…バンザーイバンザーイバンザーイとなったとかならなかったとか(笑)


ゴルフの4大メジャーの一つマスターズ。ジャンボ尾崎ファンだった私はいつも眠い目を擦りながら観ていたものです。ところが日本勢は高速グリーンに全く馴染めず殆どが予選すら通過できない状態。パットがはずれる度に「あぁ〜」とため息が洩れる。こちらにまで負け犬根性が染み着きそうなので最近は観ていなかった(苦笑)。「おぉぉがすた♪」番組の主題歌も嫌いになった。
さて今年もタイガーウッズが強かった!ティーショットが曲がってもリカバリーが絶妙。パットも入る。史上最強に向けてちゃくちゃくと歩み続けてます。


日本初!プロ柔術マッチにフクジーニョとタコボーザの参戦が決定した!フクジーニョの相手は宍戸。タコボーザの相手は渡辺孝になった。二人とも強敵だ。でもそんな強敵こそがフクジーニョとタコボーザの柔術をさらなる高みに引き上げてくれるハズ!ならばこれはチャンスなのだ!この道をゆけばどうなるものか。危ぶむなかれ危ぶめは道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わずにゆけよゆけばわかるさ!


散々悪口や批判を繰り返した後でも、言葉尻に「いい意味でね」と付け足す。するとアラ不思議!どんな言葉でもいい感じに聞こえるではあ〜りませんか!(笑)。例えば「センス悪いよ、いい意味でね」「ヤル気がでない、いい意味でね」「菊田の相手がアレクでガッカリだ!いい意味でね」ほーらなんとなく騙されそうでしょ、いい意味でね(笑)


PRIDE20で対戦することになった。菊田の相手にはホイス→ヘンゾときてアレク。アレレレッって感じでしょうか。強さは申し分ないけどその発言故にイマイチファンの心をつかめない菊田に。桜庭のマネしてプロレス技を繰り出すもウケ狙いがミエミエでこれまたファンの反応がイマイチなアレク。存在が微妙なもの同士。その点DSEはナイスマッチメークでした。佐々木健介やドラゴン藤波、できれば田村潔司、船木誠勝あたりにも絡んでもらいたいところです(笑)

このページのトップヘ