バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

グラップリングツアー2017 第2戦「極 其之十一」は強豪が多数参戦し、激闘を繰り広げました。

中でも、足関十段今成、HEAT王者赤尾、シュレック関根、そしてTAISHOこと岩間の戦いからはプロの色気を、オーラを強く感じました。なんかねー、さすがだわ^ ^。

自宅に戻り、窓の外は台風。グラップリングツアーの嵐の余韻に浸りながら。頭の中では、なぜかプロレスラー高田の入場曲トレーニングモンタージュがヘビーローテーション している(笑)。


グラップリングツアー2017 第2戦「極 其之十一」トーナメント表


足関十段か、HEAT現役王者か、モンスターシュレックか、迎え撃つはグラップリングツアーレジェンド玉澤、そして初参戦のTAISHO!

グラップリングツアー「極 其之十一」は今週末!


観戦は無料でどなた様もご覧になれます!!!


※トーナメント表の数字は試合順。10:30試合開始。アブソルートトーナメント前に休憩が入ります。


2017/10/21/15:20追記

【台風21号による影響について】


グラップリングツアーコミッショナーの早川です。


明日22日は全国各地で台風の影響が予想されます。名古屋地方への最接近は23日未明から早朝の予報です。


極 其之十一はいまのところ開催を予定しております。


出場全選手、ご観戦のみなさまにおかれましてはくれぐれも無理なさらぬよう、お気をつけてお越しください。





沖縄拳法空手菊野さんの練習会。

中心線の捉えを解説。剣道や打撃系に比べて、柔術、組み技系はこの意識が薄いように感じる

相手の中心に真っ直ぐ入る。相手に近いのは直線。

「自分の手に隠れる」と菊野さん。

システマミカエル師範も「武器に隠れる」。I師匠からも中心を使って立体的な戦闘技法を教えていただいている。

まずは自身の中心を捉えることからスタート。


◯◯の振出分小◯手回収(怒)。


「緊張を身体の中に入れない」(byミカエル・リャブコ)。


めちゃめちゃムカついていても、いい女を見ると「おっ♪」と思ってしまう、俺って奴は(^^;


keepcalm(笑)。

争いを理解することで、争わないでいられる。

その根底にあるのはおそらく恐怖心。怖いから争いを理解したい。それで争いから解放される。システマミカエル師範からいただいた大きなヒント^ ^。

「陰極まりて陽、陽極まりて陰」 

長年の大疑問、なぜ柔術をするのか。答えはこのあたりに見つかりそうだ^ ^。

このページのトップヘ