バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

そういえばさ、練習中にバッティングで頭をカットしたことがある。七針縫った。

頭部の出血は半端なく、血の水たまりができた。さすがに救急車で運ばれた。


車内で救助の方から


「意識はありますか?気絶しませんでしたか?」


「えっ?!」


「血を見てショックで気絶する方もいるんですよ」


「そんなもん、ブッチャー見て育ってますから、ヘーキですよ^ ^v」


そう、僕らはブッチャーで大人になった(笑)。ありがとう、ブッチャー^_^♪

FullSizeRender
エディー・ブラボー、グレイシーバッハの黒帯の教則V。
ハーフガードのいわゆる二重絡み。エディ・ブラボーがロックダウンと呼ぶシステム。
エディ・ブラボー登場時にはセンセーショナルで、教則本もいくつか出ているので、わりと知られた技術。
あらためてVで見ると脚を組み替え方など勉強になった。エディー・ブラボーの指導員だったこともあり、解説も上手いと思う。




https://www.hochi.co.jp/fight/20190219-OHT1T50186.html

全盛期のブッチャーは日本人なら誰でも知っている知名度。


凶器シューズに地獄突き、「シュッシュッ」と発する奇声。ファンクスとの流血試合は毎回超盛り上がっていた。


まさに、自己演出の達人。とても頭の良い方なんでしょうねー。


私の永遠の疑問。馬場のチョップ、ブッチャーの頭、鉄柱でどれが一番固いのか三すくみ。


そして鉄柱が残った(笑)。

IMG_0768

やってきたぜー、露橋!!!


今宵はノーギ。NBJCでは外巻き、足関節はフリー。スラム、ネックロック、ツボ押しなどは禁止にしています^ ^b


このあとマブダチと合流予定(笑)。


ある動画を見て


ある方は「究極の身体操作」といい、


別の方は「こんなの役に立たない」という


私は「究極とは思わないけど、役に立たないとも思わない」


解釈は人それぞれだ(笑)。


同じ状況でも解釈を変えることはできる。


トラウマも解釈を変えて肯定的に捉えるべきだろう。

このページのトップヘ