バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

IMG_9045
「私は身体を敵にさらすことを心がけている。いわば身体を捨ててゆく。斬らせる誘いをかける。これに相手が乗って斬ってくるのを待っている」

「真剣の場合は突くことが第一だ。斬るのはそのあとでいい。斬るより突く方が速いのだ」

「本当の勝負の場合は、身体で相手のふところに入りこむ。勇気というのではない。飛びこんだ相手のふところの内が極楽である。地獄に飛びこむのではない」

「身体をかわすのが早いと相手についてこられてしまう。突きなんか自分の皮膚に触れてからでも間に合うでしょ」

「あんたはチョンチョンなんていう斬り方をしてるが、そんなことでは手疵をすこし負わせるくらいで、相手を必死にさせるだけだ。斬られてしまうよ」

「私はかならず振りかぶって斬る。たとえどんなに間合いが近くてもパッと大きく振りかぶって斬るでしょう」

「右小手(内小手)を足さばきで斬ってしまう。武田先生の剣は構えている正面から手首をまっすぐ斬ってきて、次の瞬間、左右に手を返し、内小手を斬ってしまう」

「武田先生は正面から敵の後ろ首を斬るくらい手を返していた」

「相手に力を入れさせたまま倒せるようになるといい」

「まずは相手の力を抜く合気をできることから始まる」

「相手の力を抜くというのは、もっとも武術の理想とするところだ」

「武田先生の合気は力を抜くだけだった。身体のどこを触れられても飛ばすことができるのは私の独自のものだ」

「「ここで合気をかける」といってから合気をかける動作をされ、力を抜いてから透明な力で投げる」

「合気ができても下手なうちは力に負けてしまう」

IMG_9068

「一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。


茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。


茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という含意で用いられ、さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と戒める言葉。


一生に一度だけの機会そのものを指す語としても用いられる」


先日亡くなった樹木希林が出演しているので足を運んだが、まさに有終の美を飾ったのではなかろうか。


芸事の作法は武術に通じる。


http://www.nichinichimovie.jp/sp/


IMG_9071
原作も買ってきた。じっくり読みます^_^




FullSizeRender

グラップリングツアーは初の団体戦。

ビギナー・アドバンス・エキスパートによる3人チーム。ビギナー、アドバンスは上のクラスへのチャレンジ可。組み合わせの妙。工夫も楽しみですね♪


みなさまの参加をお待ちしております!!!


詳しくグラップリングツアーオフシャルサイトをご覧ください^_^

http://grapplingtour.com/




このページのトップヘ