バーリトゥード日記

バーリトゥード日記

ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ(NBJC)代表早川正城の日記です。
(題字:一ノ瀬芳翠)

人体の骨格構造のコントロールが柔術なのかなと思っていたが、人体には意識が伴う。

同じ人間でも無抵抗な時と逆上している時のコントロールは同じではない。

システマなど様々な学びから多くのヒントを得て術理をあれこれ試していて、ふと思った次第。

例えばこちらが感情的になって荒っぽく仕掛けたらパートナーも応じて荒っぽくなってくる。不快な情報を与え続けられて気分が良くなるはずもない(笑)。

裏を返すとラフな相手もソフトにできるかもね^ ^b

備忘録として。


今回はマッチメークできませんでしたが、急成長で活躍が益々楽しみな選手となりました。

グラップリングツアーには来年も関東、関西、そして全国から強豪の参戦が予想されます。中部の中心選手として迎え撃つ準備は万端のようです^ ^。

このページのトップヘ